日記・コラム・つぶやき

盛岡の医者と秋田の知事

         Yjimage1

  能代市内のなじみの業者に運転代行を頼んで知人宅や駅から自宅に帰る途中に、ドライバーに夜の代行から見えるこの頃の景気を聞くと、「さっぱりですよ」と嘆き節がいつも返ってくる。

 だが、長距離で料金が跳ね上がる上客がいることも教えてくれる。「この前は盛岡に行きましたよ。あんなお客さんがいつもいればいいんだが…」と。酔客の記憶は不確かだが、料金は4、5万円だったような。

 それぐらいの料金をポンと払えるのは社長かお医者さんぐらいだろうと想像すると、案の定、医者だった。能代に出張、業務の終わった後に酒席が設けられていたらしい。しかし、次の日は朝から外せない仕事があり、能代に宿泊はできないので、岩手県盛岡市まで運転代行を頼んだというわけだ。

 その話を思い出したのは、「佐竹知事のお粗末」によって。
知事は県内が記録的大雨に見舞われた22日の朝に宮城県大崎市に自らの車で県職員OB3人と出掛け、ゴルフを楽しんだ後、ホテルでビールを飲み、宿泊。翌23日は自らが開催を指示した午前11時からの大雨被害の連絡会議に、交通渋滞に遭って出席できなかったという顛末である。

 大の車好きでドライブとゴルフも趣味と日頃語っている人らしいといえばそれまでだが、県のトップの対応としてはあまりにも危機感が乏しすぎる。

 出発時に秋田市の雨は弱かったかもしれないが、能代山本周辺は豪雨、県内に警報が発表されている段階で、のこのこと遠出のゴルフに行くものだろうか。一緒の県OBの中から「まずいのでは」の声が上がらなかったとしたら、お友達といえるのか。単なるお追従(ついしょう)では。

 知事の携帯電話には県庁の危機管理担当からメールが送られたが、十分確認することもなく、また自ら県庁に問い合わせることもなかったという。調べれば、聞けばすぐ分かることなのに。

 酒を飲んでいたから帰れないとは情けない。盛岡の医者のように大枚叩(たた)いて代行運転で戻ることだってできたはずだ。「裸の王様」という童話があったが、「裸の殿様」もいる?【複眼鏡】

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

     Do_2


 

 怒髪天を衝く

佐竹知事の行いは、コメントするのも【反吐が出る】
江戸時代だったら、重罪で即・切腹の刑に処せられたでしよう!
潔く、知事を辞任なされた方が宜しかろうと思います。

“絶対に諦めたらあかん”

Oute 


             将棋を覚えたての少年が、父と一局指した。途中、
            劣勢の少年が苦し紛れに銀将を右に動かすと父が言った。
            「それはルール違反だな」。悔しそうな表情の少年に父は続
             けた。「ここが将棋の面白さだよ」





▼将棋の駒は動かせる方向が決まっている。いわば、ルールは自由を制限するものだ。だが名棋士は、その制約も味方に変え、勝利への一手を打つ。だから将棋は奥が深い。人の生き方にもまた、さまざまな制約がある。だが、そんな不利な条件さえも強みに転換するたくましさを、自由や自在と言うのだろう

▼ある少年部員は幼少の頃、目のがんを患った。医師に「両目か命、どちらを取りますか?」と言われた両親は“命を最優先し、この子と使命に生き抜く”と決めた

▼目が見えず、遊べるおもちゃも限られる彼は、4歳からドラムを習い始めた。音に敏感で、リズム感も抜群の彼はめきめきと腕を上げ、今では会合で演奏を披露し、同志を励ましている

▼昨年の「きぼう作文コンクール」(少年少女きぼう新聞主催)では、彼の点字の作品がビクトリー賞に輝いた。一番好きな言葉が“絶対に諦めたらあかん”であると宣言した後、こう結んでいる。「僕は負けない! 僕はがんばる! だから、皆さん、僕の成長に乞うご期待!!」【名字の言】


☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;:*☆*:;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;:*☆*:;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;:*☆*:;;;;;:*



Photo


     このコラム『感動しました』!

斯く言う(珍念) 『論語読みの論語知らず』 ι(´Д`υ)アセアセ

『月の満ち欠け』

Tuki


                先日小欄で紹介した佐藤正午さんの『月の満ち欠け』
               (岩波書店)が、直木賞を受賞した。作品には同社の編
                集者で八戸市出身の坂本政(まさ)謙(のり)さんが深く
                関わっている。今回は前に書き切れなかったこぼれ話
                である







▼一つ。作中、何度か登場する八戸だが、地域名まで記述するか検討したという。ただ、例えば「長者(ちょうじゃ)」「吹上(ふきあげ)」とルビを振っても、細かくなりすぎるだろうという判断で、残念ながら見送りになった経緯がある

▼二つ。とても長い時間軸が背景に流れる物語だけに、一つ一つのエピソードが時代設定とずれることのないよう細心の注意を払った。年表を作ればちゃんとはまるという

▼三つ。打ち合わせで、編集者は作家に「私を泣かせる作品にしてください」と依頼したそうだ。原稿の冒頭部分を読んだ編集者は「いける」と手応えを感じた。最終場面が届いたときは本当に涙が出たという

▼最後に、八戸出身者が何人も登場するのだが、実は主要登場人物のうち一人は津軽地方の出身。つまり、この作品は青森県人の物語でもあるという点は触れておきたい

▼さて、やぼな解説はここまでにしておこう。ただ、一つだけ。直木賞はあくまで作家の栄誉である。でも、八戸で暮らす本好きとしては、ふるさとの地名を傑作にちりばめてくれたベテラン作家の腕前に加えて、優秀な同郷の編集者にも、一言「おめでとう」と伝えたいのである。【天鐘】


♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;

Syou

 

   珍念のコメントは『蛇足』





『月の満ち欠け』 商品の説明  メディア掲載レビューほか

  東京駅のカフェで初老の男が店員に注文を伝えると、先に着席していた小学生の女の子が「どら焼きのセットにすればいいのに」と言い、かつて3人で食べたよねと畳みかける。

 再読すると、少女が初対面の男を知悉していることを強調する冒頭シーンの繊細さに驚かされる。その後の約300頁は、男と読者が抱く「違和感」を解きほぐすことにあてられる。手塚治虫『火の鳥』や折口信夫『死者の書』を思い起こさせる展開だ。

 著者は人生の岐路を主題としてきた作家だ。「記憶」をカギとする本作もその系譜にある。「まさか」と思える出来事に現実味を与えるのは、細やかな生活描写だ。感動の場面は無数にあるが、満月の夜に一人でどら焼きを食べたくなる「究極の愛」の物語だと評するにとどめたい。とにかくラストがすごい。評者:朝山実


トップカスタマーレビュー

瑠璃も玻璃も照らせば光る  投稿者  nikataro

 普通に小説というジャンルでは「現実世界に極めて近いリアリティー」を描くか「まったくの想像の産物」を書くのか、どちらかであろうと思っていたが、本作は「ありそうでない世界ながら、なさそうである既視感」を完全に描ききった傑作。

 野球でいえば「ボールからストライクになる球」と「ストライクからボールになる球」を自在に紙一重でコントロールできる超絶技巧派ピッチャーの安定感といったところ。すべての文章が伏線で、何気ない小道具ですらも後々完全につながる構成、さらにテーマは実は完全な剛速球であり、あっという間に完全試合を達成されたのに悔しさではなく、清々しさをじっくりと味わうことができる。今年の、というよりは近年の小説のなかで「ベスト第一位」にぜひ推薦したい。

究極の愛の形をミステリアスに描く  投稿者  hiroshi 

 「運命の人」は、出会った時に一目で「この人だ」とわかるという。そして、その人と「添い遂げたい」と強く願うのである。もし自分が先に死ぬならば「生れ変わって、ふたたび愛する人の前に現われたい」とも望むかもしれない。何度でも生れ変って愛する人の前に現われる。この輪廻回生こそ究極の愛のかたちではないか。佐藤正午の20年ぶりの書下ろし小説は、この究極の愛である「生まれ変わり」を主題にしている。

 三人の男と二人の女性の30年に及ぶ物語である。二人の女性と書いたが、生まれ変わった人物を含めるとさらに多くなる。いつもの 作者らしく淡々と物語は進んでいく。感情を煽るでもなく、深刻ぶるでもなく、簡潔な事実の記述が却って読者を不安に誘う。意外な展開が続き、どこに連れていかれるのかと、思わず身構える。冷静で巧みな文章が「生れ変り」というスピリチュアルなテーマにリアリティを与えている。幾重にも張られた伏線と予想もできない展開に、私は翻弄されるままであった。そして、ラストの一行の見事さに胸が震えた。

 振り返れば、佐藤正午はデビュー作の「永遠の1/2」以来、ありえないことをあたかも現実のごとく書くことで読者の心を掴んできた作家である。緻密な構成と鮮やかな人物描写、巧妙に仕掛けられた伏線、そして研ぎ澄まされた文章で、さりげない日常に潜む異常を読者の前に突きつけたのである。この作品は、「小説とは何か」を追求し続ける作者の発想と試みが結実した、ミステリーの形をとった、心揺さぶる恋愛小説である。

 追記: 岩波、みすず、白水社など、硬派の出版社が出す小説はどれも面白くて質が高い。本書も例外ではなかった。 ( ^ω^)おっおっおっ

CM内容に見るダイバーシティーとは

   
Danmitu_2



  壇蜜さんが出演し波紋を広げている宮城県の観光をPRする動画のワンシーン
  =仙台・宮城観光キャンペーン推進協議会制作の動画より


 雑誌や本、新聞などの活字媒体には必ず「校閲・校正」という作業が入る。校正とは原稿などの内容の誤りや不備な点を調べ、正しく直すこと

▼東京には校正を専門とする会社がある。校正するのは出版物にとどまらず、ポスターやチラシにも及ぶ。文字だけでなく、社会通念上、不適切な表現がないかなど、内容までチェックするという

▼タレントの壇蜜さんが出演する、宮城県の観光PR動画が「女性を性の対象として表現している部分が多い」と問題視されている。意味深なせりふと壇蜜さんの唇のアップが複数回映し出される

▼宮城県の村井嘉浩知事は「可もなく不可もなくというようなものは関心を呼ばない。賛否両論があったことは逆に成功につながっているんじゃないか」と評価する。内容より、話題性や動画再生回数が増えればいいのか

▼大手ビール会社の新商品のネットCMも「女性を性的対象物としてみなしている」などと抗議が殺到し、1日で公開中止に追い込まれた。品位に欠けるCMが話題になるたび、内容を校正する専門の会社に事前にチェックを依頼していれば、“炎上”は避けられただろうに、と思う

▼制作段階で異議を唱える人はいなかったのだろうか。ダイバーシティー(多様性)がキーワードのこの時代、固定化した価値観を持つ人だけで働く弊害がCMに現れてはいまいか。【金口木舌】

...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...

Yakusya


 

   これ以上のコメントは『蛇足』

「数字力」

S2

 

      数字、数学が苦手な人は多い。しかし世の中を論理的に
         見つめ、正しく把握するには必須の存在だ。しかも注意を
         怠ると数字の本質を見逃してしまう危険性がある











▼経営コンサルタント、小宮一慶さんは「ビジネスマンのための『数字力』養成講座」でこんな事例を取り上げる。病院団体の依頼で満足度調査を行ったという

▼質問項目それぞれに7点満点で採点してもらった。すると評価最下位は、大方の予想通り「待ち時間」だった。では待ち時間を短縮すれば問題は解決するのだろうか

▼待ち時間を減らすには医師や看護師を増やせばいい。しかし経営を圧迫する。診療時間を減らすのも一考だが、これでは本末転倒である。調査の真の狙いは満足度に影響を及ぼす項目を見つけること

▼数字データと満足度の相関を分析すると、最も重要なのは「医師の言葉遣い」「医師・看護師への信頼度」と判明。待ち時間より患者の対応、スタッフの教育がカギだった

▼ところで内閣支持率が最低の35%台まで続落した安倍政権。野党からは加計(かけ)学園問題などの追及が勢いづき、数字を前にさぞかし恨めしい気分だろう

▼首相自身が出席する閉会中審査では質疑の時間配分や証人・参考人の調整で難航した。しかし信頼回復には時間減らしの義理対応より、懇切丁寧な説明こそが肝心。本質を間違えない「数字力」が試金石となる。【越山若水】


・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

Pa7


     このコラム『的を射る』

 ビジネスマンのための「数字力」養成講座 商品の説明 内容紹介

 発売以来、ベストセラーとなった『ビジネスマンのための「発見力」養成講座』に次ぐ本書は、まさに経営コンサルタントとして多くの企業の経営上の問題解決にあたる傍ら、テレビ等でも活躍の著者の真骨頂。

 GDPから自分の会社の売上げ、野立て看板の数まで、数字の表すものやさまざまな数字との関連を読み解いていくさまは、推理小説よりおもしろい!といっても、本書は、それを読んで楽しみ、単に知的に遊ぶためのものではない。

数字を読むための7つの基本、5つの習慣、そして、陥りがちな罠と、豊富な実践例とともにお届けする本書は、読者が数字を自在に扱い、ビジネスに必須の把握力、発想力、推定力、目標達成力を身につけていくための、あくまでも実践の書なのである。

 『ビジネスマンのための「発見力」養成講座』で著者のファンになられた方も、ちょっと物足りなかった方も、そして、まだ読んでいない方にとっても、本書は、手放せない1冊となることだろう。

カスタマーレビュー

 数字で生活が楽になります。 投稿者アマゾン司郎2

 本書を読んでからは新聞を読むのにも、数字を意識するようになりました。数字を意識すると、何故か記憶に残りやすくなるように感じています。最も、身近な数字である「気温」を意識してみると、季節の移り変わりの準備が随分と楽になりました。気温の変化が激しい時には、体調に気を付けるようになり、服装選びに悩む時間が減りました。

 私は主婦や学生など、どんな人でも読んで欲しいと思います。力強く背中を押してくれる 投稿者Kindleユーザー

 「数字」のセンスを身につけると言うことは実はとても難しい。即効性のある「コツ」があるわけはなく、認知能力と粘り強い関心を持ち続け、努力し、現実正解で試してみて少しづつ身につくような能力。積み重ねが大切であるといみでは「語学力」と似ている。

 この本は、非常に内容がしっかりしているが、「数字力」なんてちょっとした心がけと心構えと少しの努力で短期間にレベルアップするものたという「希望」を抱かせてくれる。その辺の企画のうまさ、その企画にのってこの本を書き上げた著者は「数字力」以上に「営業力」に長けている。

定量化は大切です。 投稿者しゅん

 仕事ができる人は、「もうちょっとでできます」「売上がだいぶ上がった」など曖昧な表現を使わず、「あと5時間でできます」「売上が200万上がった」など具体的な数字で表現する。

 さまざまな数字に興味や疑問を持ち電卓を叩いて実際に目的の数字を導き出してみることや数字を導き出すための過程を考えることがとても大切なんですよね。「ふいんき」だけで仕事をして行き詰ってる人にオススメ

 

この本は安倍総理にお勧めします。 投稿者 珍念

Yjimage1


    「木を見て森を見ず」
の言葉をお贈りします!

笑いを制するものは健康を制す

 

F1


                  普段みなさんはどれくらい
                  「笑って」いますか?



 1日に笑う回数は子供が平均300~400回なのに対し、大人は10~15回しかないそうです。いかに大人が笑う回数が少ないかが分かります。子供はおもしろければ、純粋に無条件に笑います。

 ところが、人は成長するにつれ雑念やさまざまな感情が入ってきます。「〇〇の方が面白い」とか「明日の仕事いやだな」とか考えるうちに、「笑うこと」がどんどん少なくなっていきます。

 実は「笑い」には、鎮痛効果▽老化防止▽自律神経を整えるーなどいろいろな効能があります。「笑い」はがん発症防止にも関係しています。がん細胞は健康な人でも1日5000~6000個発生すると言われていますが、そのことが即、がんの発症に結びつくわけではありません。さまざまな免疫機能が働くからです。

 その中で特に重要な役割を担っているのがナチュラルキラー(NK)細胞です。体の中を常にバトロールしていて、がん細胞やウイルス感染細胞などを見つけると、単独でいち早く
殺傷・破壊してくれます。NK細胞は楽しいで気分が高揚すると働きが高まり、落ち込んだり憂鬱な気分だと低下します。病気を撃退するには「楽しく笑うこと」がいかに重要か分かります。

 笑いは痛みに対しても有効で、笑うとモルヒネの数倍もの鎮痛作用のあるβエンドロフィン(別名脳内モルヒネ=快楽物質)が出てくることも知られています。「笑い)という脳からの「快」情報の伝達は、ストレスを解除し、心身をリラックスさせる効果が大きいと言われて
います。

 「笑顔は元手がいらない、しかも利益は莫大。与えても減らず、与えられたものは豊かになる」とは、アメリカの思想家。デール・カーネギー(1888~1955年)の言葉です。子供のように笑うことは、心身ともに健康になることにつながります。

人を幸せにするため、自分も幸せになるため、すてきな笑顔を心がけてみませんか。

♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:

Ou


         このコラム『言い得て妙』・・・。

君の笑顔はどんな宝石よりも美しい

一日一回の微笑み (^。^)

  実は 筆者は (自分の事を述べるのは、恥ずかしいですが!)妻の笑顔に,ころりと 虜になりました。

▼それは,さておき「笑い」の力 (珍念)の一考察です 「笑一笑十年少」・・・一回笑うごとに10歳若返るという、中国の諺が有りますが!十歳とは白髪三千丈流の誇張ですが、笑いが心と体の健康に有効なのは科学的にも証明されている。

▼情報関連の企業で働く管理職に、ストレスの度合いと笑いのセンスについて聞いた調査がある。 それによると、笑いの感性やユーモアを肯定的にとらえる度合いが高い人ほど、心と体が抑うつや不安、疲労感の影響を受けにくい、という。

▼笑いは現代人のストレス緩和に益があるだけでなく、人間関係の潤滑油にもなる。人も表情で最も認識されやすい「笑顔」には、周囲から親愛の情を引き出す働きもある。タイミングのいい笑顔が、こわばった空気を一変させる ことは珍らしくない。

▼「笑うことは素晴らしい」を信条にしたチャップリンが「人生における最も厳しい事態をも笑い、死すらも笑うことのなかには、健康なものがある。 笑いは強壮剤であり、気晴らし
苦痛の放棄である」と語ったのは有名ですが!「笑い」はこの世で最も健康的といえます。

▼笑顔は「幸福の結果」というより「幸福の原因」としての意味が大きい。 笑える状況に笑うのは「幸福の結果」で当然ですが!問題は笑いが消え入るような厳しい中に笑顔でいられるかどうかですが。 作り笑いや ”顔で笑って心で泣く”では生命の地金がすぐ出てくるやも、知れません。

▼日蓮大聖人は竜の口の刑場に向かう途中 悲嘆する在家の四条金吾に「これほどの悦びをば、わらへかし」と仰せになった。苦難の極限にあって「わらえかし」といえる大境界。

斯くいう(珍念)・・・・{笑顔)で邁進したい!

すっぱ  (#^.^#)

   
  教室でテストを返された生徒。答案用紙を見ると赤でマルがたくさんついていて、がっかりした。察した先生は、その米国人生徒に「マルがついている方が正解だからね」。

 実は外国人向けの日本語教室での一幕。よくある誤解で、海外では正解にピンのようなチェックを入れる国の方が多く、マルは「ここは間違っている」の印という。数年前ベストセラーになった「日本人の知らない日本語」(蛇蔵、海野凪子著)にあるエピソード。

 外国人留学生たちの珍回答、珍質問に大笑いするが、実は日本人自身が日本語や自国の文化について詳しくないという現実にも気付かされる。2作目でスウェーデンからの女子学生が聞く。





 Ni


      「『すっぱ抜く』の『すっぱ』って何ですか」。






 先生も分からず調べたら「透破」または「素破」。戦国時代の忍者のことだ。来日した時に「先生は忍者ですか、武士ですか」と尋ねたほど日本の時代劇マニアで忍者大好きの女子学生は大喜び。アニメやドラマから日本に関心を持って来日する学生は多いそうだ。

 忍者の真実に迫る「The NINJA 忍者ってナンジャ!?」がみやざきアートセンターで始まった。忍術が荒唐無稽な伝説ではなく、意外に科学的な知識と合理的な鍛錬に基づく戦術だったことに、現代に役立つ知恵を見る思いだ。

 先の女子学生。先生から「今の日本に忍者はいない」と諭されて肩を落としたが、教室を出る間際「でも本当はいるんですよね。いないことにしないといけないんですよね」とにやり。うん、隠れた能力に気付くかも。自信がつく忍者展だ。 【くろしお】

♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;


:

Photo




           「The NINJA 忍者ってナンジャ!?」 
          『百聞は一見に如かず』

「言葉の遠近法」

Yjimagemeqabuaw


                カーテン・コール










▼舞台に出ていったら、それまで拍手していた観客が手を止め、客席がしーんとなってしまう。歌手はさぞやつらい思いをするだろう。 だからオベラが終わった後、カーテン・コールに出てくる歌手のひとりが気に入らなかったとしても、少しだけ拍手することにしている。 

▼わざと手を抜いて歌う歌手なんて絶対いないのだから。 だが、誰に対しても満遍なく浴びせる拍手は、観客としての沽券に係る。ちっともわかってないのではないか、と思われても仕方がない。 これは勝手な意見だが、劇場の上演水準は観客の質で決まり、観客の質は拍手のやり方で決まると思う。

▼ ウィーン国立歌劇場には、というよりウィーン国立歌劇場の観客には、ほかにもない拍手のやり方がある。 それは、引っ込み際の拍手だ。 オベラのカーテン・コールでは、まず何人もの出演者たちが幕の前に出てくる。拍手に応えた後は引っ込むわけだが、一遍にというわけにはいかないから、ひとりずつ引っ込む。 

▼ここが勝負のしどころだ。カーテンの後ろに入ろうとした、まさにその瞬間、拍手が高まり、「ブラボー」のかけごえがかかったりする。その歌手に対する賞賛の意思が、とてもはっきりする。受ける人は嬉しいに違いない。 つい笑顔がこぽれる。 一度だけ一人の歌手がが引っ込もうとした途端、拍手がぴたりと止まったことがある。

▼気の毒ではあったが、この時ばかりは観客の勝ち!と思いましたね。まさに 座布団10枚差し上げます ( ^ω^)おっおっおっ

 そうそう・・東京都議会議員選擧で与党・自民党が、歴史的な大敗で目を覚ましたのかなぁ?
こちらも、観客(選挙民)の明確な意思が示されました。 次の衆議院の選挙結果は『一寸先は闇』

対話の進め! (^-^)

      Photo_32

 聖徳太子は、十人の人の話を同時に聞き分ける、超人的な才能の方ですが、珍念一人の話でも、その日の気分で、話が進まない事が、良くあります。いっも・・悩んでいます。聖徳太子の爪の垢でも煎じて飲みたいです。

 ▼話があまり上手でない人は、「聞き上手」を目指せばよいとあるアナウンサーは言う。聴く姿勢を持てば、話の中身が豊かになり、相手は自然と引き込まれていくというのだ。

 ▼具体的なアドバイスが三つある。 

☆ 相づちに一言添える。「なるほど」と言った後に、「そうだったんだ」「面白いね」などを加えてみる 

☆ 相手の気持ちを確認する。例えば「人生の転換点でした」という相手に、「人生の、ですか?」と確認する

☆ せっかちにならず、五秒我慢する。相手が「話の腰を折られた」と思ったら、そこで会話は終わってしまうという。(NHKアナウンサーの はなす きく よむ) 

「話し下手だから」と臆する必要はないと思う。 謙虚に話を聞こう学びとろう、という気持ちがあれば自ずと対話は弾みますが!

   1_2


        

        その『口』 







 人間は口のなかに猛獣を飼っているらしい。「口の虎は身を破る」といえば言葉を慎まないために身を滅ぼす大事にいたることだ。人に愛を伝え、勇気を与え、希望をもたらすことのできる言葉というものが、操りそこねると凶暴なけだものとなって災いを巻き起こす。

  孔子という賢人は、「九思一言」といって九度思索して後に、一度語ったという。
また周公旦という人は、髪を洗っている時、客人があれば、途中でも髪をにぎって迎え、また食事中であれば、口中の食を吐いてでも、客を待たせず、応対した。

  斯く言う(珍念)「おしゃべり」は大好きですが、いっも一言多いんです.何気ない言葉で相手の人に不快な思いを抱かせ。いっも自己嫌悪に苛まされています。┐( ̄ヘ ̄)┌ フゥゥ~

 

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー