« 「ロボット」 | トップページ | 「孤島の野犬」 »

「ネット依存」

Photo


                       時々刻々、社会は変化している。
                      太平洋戦争末期に生を受けた人間から
                      見るとその激変ぶりには驚嘆するしかない








▼例えば、先日野村総合研究所が公表した「生活者1万人アンケート」の結果である。そこでは情報端末利用の個人化が進み、人々がインターネットに依存している現状を各種データで明らかにしている

▼(1)スマートフォンの利用者が2012年の調査では23%だったが、18年には71%になった(2)仕事関係を除く平日のインターネット利用時間は約2時間。逆にテレビの視聴時間は145分に減った(3)過去1年間のネットショッピングの利用経験者は全体で58%。20代、30代に限ると、ともに80%近くに上る……

▼一方、商品購入時に利用する情報源はラジオ、新聞、雑誌の広告が12年の42%から30%に激減。テレビCMの比率や新聞記事、テレビ番組の占める比率も下がり、代わってネットの評価サイトやブログを頼りにする人が増えている。本の購入は書店で、と決めている僕のような人間はもう絶滅するのだろうか

▼人生観は人それぞれ。情報との接し方についても、他人がとやかくいうことではなかろう。100人には100通りの考え方があっていい。より手軽で便利なものを重宝する気持ちはよく理解できる

けれどもネット依存が過ぎて、考えることまで放棄していいのかどうか。「人間は考える葦である」という言葉が思い出されてならない。 【水鉄砲】

...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。.

 Gyo

      このコラム『言い得て妙』

« 「ロボット」 | トップページ | 「孤島の野犬」 »