« 明和電機展 | トップページ | 「無知の知」 »

砂場

Photo
                      30年ほど前、「人生に必要な知恵はすべて幼稚園の
                     砂場で学んだ」
というエッセー集がベストセラーになった。
                     米国人の著者ロバート・フルガム氏は、砂遊びで「何でも
                     みんなで分け合うこと」や「ずるをしないこと」「使ったもの
                     はかならずもとのところに戻すこと」などを学んだという



 ▼子どもは遊びの中で人との距離感を学び、集団内のルールを覚えていく。場所や道具を取り合って友達とけんかしたり、仲直りしたり―。砂場は確かに、子どもが社会性を育む人生最初の場なのかもしれない

 ▼良質な砂で子どもたちに遊んでもらおうという取り組みが棚倉町で始まった。同町一帯は古代、海底だった地域が隆起してできたと考えられている。そのため小石などが雨や風にさらされ、均等な大きさの砂が多く残った。その砂を生かそうとの試みだ

▼町内のルネサンス棚倉にはテニスコート1面分の砂場ができ、無料開放が始まった。町などは今月下旬、砂をテーマにシンポジウムを開き、砂遊びの効果について来場者と考える
▼同町産の砂は、さらさらでふわふわなのが特徴だ。童心に帰り、子どもと一緒に砂の感触を楽しんではどうだろう。きっと親子の距離もぐっと縮まるはずだ。【編集日記】

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆



   
Photo_2                  ロバート・フルガム「人生に必要な知
                  恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ」




トップカスタマーレビュー

子供に聞いたってそう答えるよ!りたこ

•何でもみんなで分け合うこと。
•ずるをしないこと。
•人をぶたないこと。
•使ったものはかならずもとのところに戻すこと。
•ちらかしたら自分で後片づけをすること。
•人のものに手を出さないこと。
•誰かを傷つけたら、ごめんなさい、と言うこと。
•食事の前には手を洗うこと。
•トイレに行ったらちゃんと水を流すこと。
•焼きたてのクッキーと冷たいミルクは体にいい。
•釣り合いの取れた生活をすること──毎日、少し勉強し、少し考え、少し絵を描き、歌い、踊り、遊び、そして、少し働くこと。
•毎日かならず昼寝をすること。
•おもてに出るときは車に気をつけ、手をつないで、はなればなれにならないようにすること。
•不思議だな、と思う気持ちを大切にすること。
•人間も死から逃れることはできない。
•何よりも大切な意味をもつ言葉「見てごらん」

子供に答えられることがどうして大人が出来ないのか。

0903kurichan


     感動しました!

« 明和電機展 | トップページ | 「無知の知」 »