« 「いちじくいち」と「木のおもちゃ」 | トップページ | 砂場 »

明和電機展

Photo


                     アート作品といえば、普通は一点物。有名な作品
                     となれば高い値段が付く。バブル時代にゴッホの
                      「ひまわり」に50億円超の価格がついたことを覚
                      えている人もいるだろう





▲一方、工場で大量生産される品をアートと呼ぶことはあまりない。安い価格で効率的に生み出されるとしたら、それはせいぜいアートの複製品だろう

▲そんな固定観念を壊そうとしている現代美術作家がいる。「明和電機」というアートユニットをプロデュースしている土佐信道さんだ。長崎市の県美術館で「明和電機ナンセンスマシーン展」を11月11日まで開催中

▲自ら社長と名乗り、作品を製品と呼ぶ。人前ではいつも作業着。まるで本物の中小企業の社長のよう。そうして、魚の骨の形状をした電気コード「魚(な)コード」やメロディーを発する「オタマトーン」などのユニークな立体作品を次々と発表

▲それらを一点物にせず、外注して量産販売したり、作品を見せるパフォーマンスをしたりして、多くの人に触れてもらう。そこに土佐さんの表現活動の主眼がある

▲アートが工業製品になれば、アートは誰もが楽しめるものになる-という土佐さんの話に、そういう見方もあるのか、と思う。美術館では子どもが売店で購入したオタマトーンと楽しそうに戯れていた。芸術の秋、たけなわである。【水や空】

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

不思議な機械が大集合!!「明和電機ナンセンスマシーン展」を11月11日まで開催中

  まったく役にたたない機械を作り続けて25年。世界で活躍する愉快な電気屋さん「明和電機」が開発した、およそ250点の不思議な機械が大集合する展覧会を、長崎県美術館で開催します。会期中は、ライブやワークショップ、自動演奏なども行います。

アートからエンターテインメントまで、独創的な発想と緻密なモノ作りが織りなす明和電機の世界をぜひお楽しみください。

※会場内は、写真・動画撮影が可能です(フラッシュ不可)。

|展|示|構|成|
  電磁力とモノで奏でる電動楽器「ツクバシリーズ」、声の魅力をメカニックに再現する「ボイスメカニクスシリーズ」、女性性の探求が花として結晶化する「EDELWEISSシリーズ」、そして魚というモチーフを通じて自己という存在を漁る「魚器(NAKI)シリーズ」、それぞれが独自の世界観を持っており、明和電機ワールドの多面性を存分に味わうことができる場となるでしょう。

   
  斯く言う(珍念)のコメントは (o^-^o)


Photo_2

« 「いちじくいち」と「木のおもちゃ」 | トップページ | 砂場 »