« 成功はアートだが、失敗はサイエンス- | トップページ | 「大欲は無欲に似たり」 »

人をだます

Photo


      人をだます事件は昨今珍しくないが、中にはドラマの
      ような例もある。大正時代に断絶した宮家を名乗って
      ちゃっかり結婚披露宴を開き、多額の祝儀をだまし取
      った有栖川宮(ありすがわのみや)詐欺事件もその一
      つ。2003年に起きた。

▼▽宮家と無関係の当時41歳の男と45歳の女。大勢に招待状を送り、東京のホールを会場に芸能人も出席するなど“ハデ婚”だったようで、参加者は一杯食わされた。裁判は「新郎新婦」とも実刑。久保博司著「詐欺師のすべて」では、こうした手口は御落胤(ごらくいん)詐欺というらしい。

▼▽同書によると最も“高級な”詐欺師とされるのは「地面師(じめんし)」という。高級かどうかは別として、東京の一等地を巡る事件は被害額約55億円と途方もない。大手を手玉に取った地面師らが次々と捕まっている。開発計画の陰で何があったのか。こちらもドラマのような展開だ。

▼▽都心の古い家屋敷は開発業者には垂涎(すいぜん)の的かもしれないが、大金を積んでニセモノを掴(つか)まされた積水ハウスも功を焦った感は否めない。地面師の暗躍は東京の地価高騰も映す。17日付本紙にあるように身近を見れば特殊詐欺の被害が止まらない。私たちも気を引き締めたい。 【談話室】

♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:

Sagici2


           詐欺師のすべて あなたの財産、狙われてます
           宅地と思って土地を買ったら、河川敷で家を建
           てられない! 大口注文を受けて納品したのに
           代金が支払われず商品まで取られた! 



 受けとった小切手を銀行で現金化しようとしたらニセモノだった!──元詐欺師や被害者、知能犯担当刑事が明かす、驚くべき騙しのトリック。「最初はまともな話で相手を安心させよ」「真実を核にして嘘を構築せよ」など、詐欺を成功させる鉄則十五箇条も紹介(絶対にマネはしないでください)。詐欺師に勝つための完全撃退マニュアル!

トップカスタマーレビュー

騙す側の手の内が 丸わかり  ふるちん

 率直に言って読んで良かった! が本音である。ここまでリアルに 詐欺師の黒いテクニックや思考回路を 騙す立場目線で解説している書籍はなかなか見当たらない。国民生活センターの実相談集なども そうだが 大抵は騙された被害者の言い分や被害の内容をベースに話が進み 今後は こういう心構えや対策を持ちましょう という展開の本が多い中 詐欺師の根本思想を体系化した 詐欺師教の経典のようで ある意味 ありがたい感覚にもなった。

詐欺の手引き書  銀次

 無銭飲食・保険金詐欺・株券の架空取引などあらゆる手法を巧妙に描いた詐欺の百科事典です。詐欺師と被害者双方のインタビューを元に筆が進むため、まるで刑事にでもなったかのように事件のカラクリが見えてきます。残念ながら著者本人は詐欺師ではないようで小切手詐欺フランク・アバネイルの暴露本のような鋭い描写はありませんが、ビジネス・出世・財テクの知恵の「量」で本書の右にでるものはないかもしれません。




Warai


            斯く言う(珍念)お喋りは人に負けないですが!
            貧乏ですので、お金は持っていませんので・・
            詐欺師に騙されることは、無いです。 

« 成功はアートだが、失敗はサイエンス- | トップページ | 「大欲は無欲に似たり」 »