« 戦国時代の智将、明智光秀 | トップページ | ビジネス経験の効用 »

医師になって4年目だったという。

Photo_2


                            担当した高齢の患者が脳梗塞で死亡した。
                            首の動脈に針を刺す検査が元だった。
             どう してと遺族に詰め寄られ、進退窮まった






▼寺沢秀一・福井大名誉教授の経験談である。この6月に刊行された著書「話すことあり聞くことあり」(シービーアール)で披露している

▼そこは離島の病院。十分な設備がないために、お年寄りには合併症のリスクが高い検査もせざるを得なかった。不幸な結果は、熟練の医師でも避けがたかった

▼そんな事情を遺族に説明してくれたのは、上司だった。対応に窮した部下を見かね「許してやってください」と、何度も頭を下げた。それ以上、遺族がとがめることはなかった

▼この出来事とともに若き寺沢医師が心に留めたのは、上司の次の一言だった。「われわれに手抜かりの有る無しにかかわらず、大切なご家族を失った遺族の心を思ったら、謝らずにはおれませんね」

▼おかげで謝ることができる医師になれた、とある。そして、こう書いている。「謝るより、許すほうが何倍も難しく、重いのだと知ってほしい」

敬意をもってご紹介したい。寺沢先生は、あらゆる病気やケガの診療に携わる北米型救急医の先駆者である。本書は研修医向けだが、読んでほしい人が別にいる。5人が相次いで亡くなった岐阜の病院長。あの人にも心はあるだろう。【越山若水】

.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.

Photo4


          ■意味 「へそが茶を沸かす」
          おかしくてたまらない、また、ばかばかしくてしか
          たがないたとえ。多くあざけりの意をこめて用いる


  1


                            寺沢秀一・福井大名誉教授
                            「話すことあり聞くことあり」
                            (シービーアール)




トップカスタマーレビュー

人生の一冊 投稿者 内科医

 寺澤先生の経験が詰まった一冊.思い出深い症例だったり,しんみりする話だったり,いろいろ考えさせられます.引用文献は少なく,ほとんどが寺澤先生の経験談だと思いますが,指導医が直接話しかけてくるような説得力があります。

 エビデンスも大事ですし自分も常にアップデートを務めていますが,こういう論文にならない経験談も,かけがいのない宝だと感じます。

すばらしい 投稿者  アマゾソカスタマー

 医学生の友人に看護師のことも書いてるよーと勧められ、購入しました。
読んでみてビックリ。看護学生の私でもためになるERで必要な知識や落とし穴、患者さんとの関わり方などたくさん書いてありました。

 そして、なによりも嬉しかったのは、救急看護師という題のお話があること。自分の目で確かめてほしいので内容はあえて書きませんが、こんな医師と仕事ができたら幸せだなぁと強く感じました。是非、医学生だけじゃなく、看護学生にも読んでいただきたい一冊です。
いやー感動しました。

「話すことあり聞くことあり」 斯く言う(珍念)読んでみたい オワタ┗(^o^ )┓三

« 戦国時代の智将、明智光秀 | トップページ | ビジネス経験の効用 »