« 「罪と罰」 | トップページ | 冥界に使者を出した男 »

「林冠経済」の光と陰

Yjimage1
         心優しいおじいさんと欲深なおじいさん。善行を積んだ
         前者は「ここ掘れワンワン」でご褒美をもらい、よこしま
         な後者はそれをまねてぼろを出し罰を受ける。「めでた
         し、めでたし」で終わる勧善懲悪の昔話にはどこか安 
         心感がある




   ◆

10年前、世界を奈落に突き落としたリーマン・ショックの話は違った。いかがわしい金融商品を作って売買した米国の金融機関。「安全で高利回り」とはやし立て一時は大もうけしたものの、バブルが弾け大損害。世界じゅうのお金の流れをマヒさせた

   ◆

強欲な企業でも影響が大きいから救わなければ一般市民がもっとひどい目に遭う―。そう言って米政府は税金を投入した。間もなく復活した会社の幹部は再び巨額の報酬を得て貧富の格差は広がるばかり。幹部が罰を受けることはなく、仕事を失った多くの市民に怒りが広がった

   ◆

危機の真相に迫る映画でアカデミー賞を受賞したチャールズ・ファーガソン監督は「林冠経済」と呼ぶ。林冠は森林上部の生態系。日光を受けて枝葉が茂り、光を遮られた下層と別世界を作る。一般の人々とつながりを失った一握りが富を独占する姿だ

   ◆

勧善懲悪がなく不満が積もった米国社会。その怒りは議会を動かし、政府による救済に足かせをはめた。バブルは後始末が次の芽となり膨らんでいる間は分からない。煩悩を抑えられないのは人の世のさが。強欲と怒りが新たな悲劇を生むのか。確かなのは割を食うのが弱者であることだ。 【斜面】

☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;:*☆*:;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;:*☆*:;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;:*☆*:;;;;;:*

Yjimage3lycjbky


    「林冠経済」

   
恐るべし、貧富の格差!
   『百聞は一見に如かず』 (*^.^*)

« 「罪と罰」 | トップページ | 冥界に使者を出した男 »