« 卑しい者たち | トップページ | 小6女子が将来就きたい職業の首位は医師 »

「絶対的権力は絶対に腐敗する」

                

1


                「鯛[たい]は頭から腐る」。手あかの付いた
               言葉の賞味期限が切れないのは、その実態
                が続くからだ。特に今年は「当たり年」である





 
▼日大アメフット部、日本レスリング協会、東京医大、日本ボクシング連盟、そして文科省。立派なはずの組織の幹部らが権力を乱用し、組織内を混乱させ、社会からの不信を重ねている。全員が男性である

▼東京医大では女子受験者の得点を減らす一方、文科省幹部の息子には加点した。息子の件を親と医大側が協議した際の録音も出回っている。そのやりとりは、悪代官と商人が密談する時代劇そのままだ

▼ボクシング連盟会長のためには試合会場に特製の椅子が用意され、ホテルの部屋や準備する食品にも詳細な配慮があったようだ。会長は審判にも圧力をかけた疑いがある

▼精神科医の斎藤学氏によると、男とは居心地が良かった母親の胎内に戻ることを夢見る存在だとみている。このため、男たちがつくる集団は彼らが育った胎内に似ており、グループそのものが母として機能しがちという(「男の勘違い」毎日新聞社)

▼そこから行き過ぎたケースも出てくるのだろう。周囲に「イエスマン」を配置し、わがままを繰り返す。見た目も強面[こわもて]の場合が多い。しかし、特製椅子にふんぞりかえる姿を想像すると、幼児的な印象さえつきまとう。そんなことでうれしいのだとすれば、この人もまた組織を「母の胎内」のように感じているのだろうか。男の勘違いが続発する夏。暑い上に暑い。【新生面】

☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;:*☆*:;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;:*☆*:;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;:*☆*:;;;;;:*

Photo_3


                  「男の勘違い」





カスタマーレビュー

男性は読んでくださいね レモンメロン

 旦那が大受けしてました。相当前にこれを書いてる筆者は次元が違うと感銘を受けました

男尊女卑は生き延びている 入道雲

 現代日本はすっかり欧米化し、男女平等になったなんて全くの嘘。というより日本男性には自己欺瞞があるわけです。裏表ですね。本書はそこを指摘。日本男性は本当は、自分は好き勝手なことをし、怠け、女をはべらせ、ふんぞりかえっていたい。それは明治頃までの価値観で今はマズイということ。本書内容と向き合えない男は古いわけです

 悪魔と天使は私たちの心の中に住んでいる。「善と悪」二つの心がいっも綱引きしている
一番恐ろしいのは人間。尊いのも人間なのだ。



Futatu


 かく言う〝珍念〟きょうも、悪しき煩悩に、心が揺れている。

« 卑しい者たち | トップページ | 小6女子が将来就きたい職業の首位は医師 »