« 小6女子が将来就きたい職業の首位は医師 | トップページ | 「笑いの日」 »

顔に泥

Photo
                入社試験を受けた県内の学生が、色付きレンズの眼鏡を
                掛けて面接に臨んだ。「わざわざ顔に泥を塗り付けて来た
                のか」と皮肉たっぷりに、とがめられたという。三十年以上
                前の話だ。


 目が光に弱かったから色付き眼鏡にした。よく見ないと分からないほど薄い色なので、目立たないと思い込んでいた。不合格となり、眼鏡を買い替え就職活動を続けた。彼にとって痛恨の思い出だが、時と場所をわきまえた身だしなみに気付いた。

 日本ボクシング連盟の会長がテレビに出演し、一連の告発に対して反論した。話の中身以前に、サングラス姿は視聴者にどう見えただろう。就職活動で苦労した彼のように、まぶしさが苦手なのだろうか。だとしても、場に合った格好とは言えないと感じた。説得力はそれだけで半減したかもしれない。

 似た出来事はアメリカンフットボールの不祥事の際にもあった。大学の監督がピンク色のネクタイを着けて謝罪に出向いた。スクールカラーだからとも言われたが、ネット上では「ふさわしくない」という声が相次いだ。ご両人とも、青少年を導く立場なのにどうしたのだろう。「顔に泥…」と言ってくれる人がいない不幸もある。(あぶくま抄)

...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。.



Photo_2


            斯く言う(珍念)のコメントは『蛇足』





« 小6女子が将来就きたい職業の首位は医師 | トップページ | 「笑いの日」 »