« 若旦那の恋煩い | トップページ | 「終わった人」 »

フランス人剣士

Photo


              宮崎日仏文化交流協会の松村千恵子代表が「10年ほど
              前に古書展で買った、珍しい本があるのよ」と厚い本を見
              せてくれた。クリスチャン・ポラック著「絹と光」という本。





 宣教師が来日した江戸時代初期から現代までの日仏交流史だ。原文はフランス語だが日本語の対訳を併記。フランスに残る古い写真や絵画、文書など貴重な資料が豊富で、意外なほど深い歴史の裏面が見えてくる。「絹」は両国の絆を強くした繊維産業の象徴だ。

 明治初頭の日本を舞台にした「ラストサムライ」(2003年)という米映画がある。不平士族を率いる頭領は西郷隆盛がモデルと言われるが、トム・クルーズが演じた米軍人にも実はモデルがいる。仏陸軍の士官ジュール・ブリュネだ。

 幕府の軍事顧問団の1人。幕府が倒れた後も本国からの退去命令を拒否、友情から旧幕府軍の残党に同行して函館戦争まで従軍した。同書でも1章設けて詳しく足跡を記している。騎士道に通じる日本の武士の生きざまは、かの国の人々に今も熱く訴えるようだ。

 欧州で最も剣道が盛んという同国から世界剣道選手権大会(9月・韓国)に出場する選手や監督ら16人が宮崎市で合宿している。県警職員と練習を積む傍ら、真剣の試し斬りをし、剣法発祥の地とされる鵜戸神宮(日南市)を見学した。

 防具の輸出などを手掛ける日本武道宮崎(宮崎市)が橋渡し。多田竜三専務は「選手らの日本文化への関心はとても高い。いろいろな日本に触れる機会を設けたい」と話す。フランス人剣士に街角で会ったら「ボンジュール」と歓迎しよう。 【くろしお】

♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;

Conitiha_2


      コメントは『蛇足』

« 若旦那の恋煩い | トップページ | 「終わった人」 »