« 「左手のピアニスト」 | トップページ | “私たちはどう生きるか” (@_@;) »

春の季語

Kigo


                           「うまのあしがた」「妹(いも)がり行く猫」
                           「鷹化して鳩となる」 「蛇の大八」「夜糞
                           峰榛(よぐそみねばり)の花」…。これらす
                           べてが、春の季語と知って驚いた










  ▼俳人夏井いつきさんが著書「絶滅危急季語辞典」で  紹介している一部。魚のゴンズイの出す音が元という  「ぎぎ・ぐぐ」なんてのもある。日本語は豊かで自由だなと改めて感じ入る

▼夏井さんはテレビ番組の俳句コーナーが人気だ。芸能人の句に超辛口で駄目を出す。でも生徒が使おうとした言葉を生かし、見違える秀句に直すさまは魔法のよう

▼指導ポイントは明快で、「映像が思い浮かぶように」との1点。添削後の句からは本当に、17文字に情景が見える気がしてくる。そして新聞の見出し作りにも通じるものがあるな、と勝手ながら思う

▼俳句が映像を言葉で表現するとすれば、見出しは見た瞬間に、出来事が伝わっているのが理想。そんな違いはあるが、限られた文字数の言葉を選択する作業はよく似ている

▼見出しを付ける部署にいた時は大いに苦労した。俳句に親しんでいたら、どうだったろう。見出しの賞味期限は通常長くないが、少しは話題にしてもらえるものを作れたか

▼夏井さんが、日本一短い手紙一筆啓上賞の選考委員に就いた。最も短いとされる定型詩を知り尽くし、手紙表現の著書もある人。どんな豊かな言葉を見つけてくれるか、今からわくわくする。【越山若水】

♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:




「絶滅危急季語辞典」
商品の説明 内容(「BOOK」データベースより)

「亀鳴く」春の夕暮れ、オス亀がメスを慕って鳴くという空想的季語。勿論亀は鳴かない。「毒消売」越後や越中から来る行商の薬売り。「夜這星」流星の別称。「竃猫」竃にもぐり、暖をとろうとする猫…季節感が大きくずれたり、風習が廃れたりして消えていくたくさんの季語。そんな「絶滅寸前」の季語たちの持つ豊饒な世界を紹介し、新しい命を吹き込む読み物辞典。

トップカスタマーレビュー

ある意味で、季語を見直すことのできる1冊 投稿者 はぐれ鳥

 季節感がずれたり、蚊帳(かや)、蚊取線香(かとりせんこう)のように、あまり見かけなくなったものはともかく、砂糖水(夏)綾取り(冬)脚気(夏)が季語だとは知らなかった「え!」と思うような季語から、「なるほどな」と思うようなものまで、例句と一緒の著者のエッセイがほほえましい。俳句をやってない人も、一読! 面白い! これはお勧めです

俳句に興味が無い方達にも読んでほしい 投稿者 富沢 美奈子

 私は俳句を作るわけでも、興味があるわけでもありませんでした。題名がおもしろいのと表紙がかわいいので購入しました。でも、とても面白いのです。著者の「夏井 いつき」さんと同年代のせいもあって「うん、うん」と頷けるところも多いのですが、俳人と呼ばれている方がこんなにフランクだとは思いませんでした。俳句に興味のある方も無い方も読んで欲しい一冊です。ただ、勉強不足の私には理解できない俳句も多かったです。

Bi1


             斯くいう(珍念)のコメントは『蛇足』

« 「左手のピアニスト」 | トップページ | “私たちはどう生きるか” (@_@;) »