« 「若杉裁判長」 | トップページ | 「旅情ミステリー」 »

「人生、山あり谷あり」

Yjimages78xqpwk


         米大統領選挙を戦っていた、リンカーンにひげを生やしてと
         手紙で提案したのは十一歳の少女だった。「ひげを生やせば
         リンカーンさんのやせた顔はもっと立派になります」

▼その効果か、リンカーンは当選を果たしたが、ひどい損害を受けた人がいる。以前からリンカーンの肖像ポスターを売っていた業者である。ひげを生やす前のリンカーンを描いていたので、絵がまったく似ていないと文句が出て商売が立ちゆかなくなってしまった

▼米国のミルトン・ブラッドリーさんという方の逸話だそうだ。この人、実はタカラトミーのゲーム玩具「人生ゲーム」と関係がある。一九六八(昭和四十三)年の発売で今年五十年。幅広い世代があの「人生」の行方を決めるルーレットに夢中になったか

▼オリジナルは米国のゲームで、その原型「チェッカード・ゲーム・オブ・ライフ」を一八六〇年に売り出したのが、このブラッドリーさんなのだという。元をたどれば五十年どころの歴史ではない

「人生、山あり谷あり」。「人生ゲーム」の古いCMを覚えているが、このブラッドリーさんの人生もまさにそれか。リンカーンでの不運な失敗の後、印刷技術を生かし、このゲームを製造したところ、大当たりを取った

▼悪いことばかり続かない。そう信じ、へこたれず、真面目にコマを進めていくしか、人の未来は拓(ひら)けぬものらしい。【中日春秋】

。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚


Gemu


          

       「人生ゲーム」懐かしい!









珍念の脳裏に、数々の失敗でも挑戦し続けた、ある男が思い浮かぶ!

 失敗を信じる者は何も出来はしない。平ぼんな生き方、無難な生き方、消極的な生き方を好む人達である。偉業を成し遂げる人間は失敗を決して認めない。

  この男を見よ

      22歳で事業に失敗する。

      23歳で州議会議員選挙に落選する。

      25歳で再度事業に失敗。

      26歳で恋人の死に直面する。

      27歳で神経の病をわずらう。

      34歳から5年に3度下院議員選挙に落選する

      46歳で上院議員に落選。

      47歳で副大統領になろうとするが失敗する。

      49歳で上院議員選挙に落選。

      51歳でアメリカ合衆国大統領となる。

 この人物の名はアブラハム・リンカーンです。 彼は失敗するたびに自分のハードルを上げ、意欲を持って挑戦していった。目標・意欲を持って挑戦する人は何でも出きる。

 『論語読みの論語知らず』の(珍念)恥じています  ┐( ̄ヘ ̄)┌ フゥゥ

« 「若杉裁判長」 | トップページ | 「旅情ミステリー」 »