« 魑魅魍魎 | トップページ | 分岐点 »

虎がたばこを

Photo


       平昌五輪のマスコット「スホラン」



 「虎がたばこを吸っていたころ…」という決まり文句から、韓国の民話は始まる。虎がしま柄になったのは、たばこをくわえたまま居眠りしたせいだという話もあるから、虎がまだ虎になっていなかった大昔ということなのだろう

◆韓国の人々に親しまれる虎をマスコットに据えた「平昌オリンピック」が、いよいよ開幕する。気がかりは、ぶしつけに参加を決めた北朝鮮の存在である。本来なら、大会直前は各国の代表選手たちにスポットライトが当たるはずが、どうにも場違いな主役に振り回されがちな感がある

◆『民話で知る韓国』(ちょん・ひょんしる著、生活人新書)によると、民話に出てくる虎たちは「怖い存在、神獣、弱い者の知恵によって打ち負かされる滑稽な存在」という。いくつもの顔を持つが、北朝鮮もまた、平和の祭典にかこつけて硬軟ふたつの顔を使い分けているとしか思えない

◆平昌五輪のマスコット「スホラン」は、虎は虎でも「白虎」がモチーフ。守り神として、選手や観客を保護するという決意が込められているのだとか。17日間にわたる大会の無事を祈りたい

◆「両虎の闘い」という表現がある。際立った者同士が争うさまを指す。五輪はまさに、選ばれし虎たちの舞台だろう。今回は時差もなく、寝不足を気にせず応援に没頭できそうだ。がんばれ!ニッポン!【有明抄】

☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;:*☆*:;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;:*☆*:;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;:*☆*:;;;;;:*

Photo_71


        珍念のコメントは『蛇足』






◆ 『民話で知る韓国』  トップカスタマーレビュー

大和と似て異なる朝鮮 投稿者 光が丘

朝鮮の民話にでてくる妖怪や動物は大和とは一寸違います。でも良く似たものも少なくありません。また、大和に比べ、血の濃さを重んじ、親族で濃密な付き合いをし、母親と息子の絆もかなり強い。朝鮮の一昔前の暮らし、風俗、家の造りなどに興味が持てました。子供にも分かりやすいよう丁寧に書かれていますが単調のきらいはあります。

子どもに読み聞かせし、日本の民話との違いを発見させる 投稿者tokiha

韓国の昔話に関する著書が少ない中で貴重な1冊。韓国の地方で少女時代を過ごした著者が、祖父母から口伝えで聞いた民話が、解説付きで紹介されている。日本の民話と驚くほど酷似しているけれど、微妙に登場人物や結末が違うのが興味深い。

民話の部分だけ、子どもに読み聞かせし、日本の民話との違いを発見させるのも楽しい。

« 魑魅魍魎 | トップページ | 分岐点 »