« きょうは節分 | トップページ | 「血のひとしずく »

「ゆかいな誤変換」

Photo


              「汚職事件」が「お食事券」、「学校へ行こう」は「学校閉校」
              「強盗」は「碁打とう」。パソコンや携帯メールの文章によく
              見る誤変換。つい噴き出してしまうこともある。「ゆかいな
              誤変換。」というサイトから“秀作”を紹介する






▼「牧師さんの前で愛を誓います」→「ボク資産の前で愛を誓います」。つい本音が。「置いてかれる」→「老いて枯れる」。流行には置いていかれがち。「そんな感じ」→「損な幹事」。いつも押し付けられると損な感じ。「今日けんかした君」→「狂犬化した君」「今日中に返信します」→「狂獣に変身します」。君とはけんかしたくない

▼笑うより感心してしまうものも。「敗者復活戦で敗退」→「歯医者復活せんで歯痛い」。「新社会人になった」→「新車灰塵(かいじん)になった」。「酒冷めたら来い」→「鮭鮫鱈鯉(さけさめたらこい)」

▼こちらの誤変換は、出来が悪くて笑えない。岡山県議13人が提出した米国視察の報告書。内容の大半がほとんど同じだった。議員間で文章を使い回したようだ

▼変換ミスまでそのままだったのが動かぬ証拠。「コレクション」とすべき部分が「これ区書」に、「作られたもので」は「作られ珠緒ので」になっていたという。インターネット百科事典を丸写しにした説明もあった

▼地方議会の視察を巡り、公費の使い方がしばしば問題となっている。こんなありさまなら、公費の「ご返還」を、と言われよう。 【春秋】

...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。.


Yjimagelswp7vyg


         このコラム『言い得て妙』
         珍念のコメントは(蛇足)

« きょうは節分 | トップページ | 「血のひとしずく »