« 「地球の大きさを測りたい」 | トップページ | 「幸せのモデル」 »

JRの減便 (-_-;)

        Photo




 松本清張原作の映画「張込み」(1958年)は、鉄道好きには心躍る作品である。しかも佐賀が主な舞台。東京で起きた強盗殺人犯を追い、刑事が佐賀に向かう

◆その冒頭シーンは語り草だ。松竹マークが終わると、そこは横浜駅。アナウンスが流れる。刑事2人が脱兎(だっと)のごとく階段を駆け下り、発車する夜行列車にすんでのところで乗り込む。のっけから、わくわく感満載だ

◆横浜からのほぼ1日の列車の旅が延々と映し出される。映画評論家、西村雄一郎さんの『清張映画にかけた男たち』(新潮社)によれば、脚本の橋本忍は九州まで、いかに遠かったかという距離感を出したかったらしい

◆昔も今も住民の足になっている鉄路。なのにJR九州の3月17日のダイヤ改正で、佐賀県内を走る在来線は1日のうち特急6本、普通12本が減ってしまう。地元は「生活への影響が大きい」と猛反発。沿線自治体との事前協議がなかったことも問題になった

「乗り鉄」「撮り鉄」「食べ鉄」…。世に鉄道ファンは多く、「列車もの」が多い清張映画は支持が高い。観光列車も人気だが、ローカル線は沿線住民の日々を支え、環境に優しく低コストの手段。事業者側も採算の難しさをもっとオープンに語り、自治体、住民と課題を共有できればと思う。危機の時ほど知恵を絞る試みが大事になる。【有明抄】

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜


『人が意見に反対するときは、たいがい、その伝え方が気ににくわないときだ。』
 JR九州
に、 ニーチェの言葉をお贈りします!

『清張映画にかけた男たち』 商品の説明 内容紹介

『張込み』で出会い、『砂の器』を生んだ男たちが幻の作品『黒地の絵』で別れるまで――。松本清張の映画化に挑んだ昭和の熱い日々。

内容(「BOOK」データベースより)

 10日で終わるはずだった『張込み』佐賀ロケ。だが彼らは1ヵ月以上たっても帰ってこなかった。やがて男たちは『砂の器』を生み、幻の映画『黒地の絵』に立ち向かう…。松本清張作品の映画化に挑み続けた昭和の熱い日々!

トップカスタマーレビュー

松本清張の時代

 傑作映画「張込み」の舞台裏の他にも松本清張原作のテレビドラマや映画が
ヒットした時代の裏話も。松本清張映画が好きな方には絶対お勧め。

綿密な取材に基づく良書

 小倉駅(現北九州市小倉北区JR九州西小倉駅)から出発し、映画『張込み』の舞台(佐賀)を経て小説『黒地の絵』(城野キャンプ、現北九州市小倉北区)へ、清張映画に関わる事柄が、綿密な取材に基づき描かれており、最後まで一気に読んでしまった。また、松本清張の映画が見たくなる、小説が読みたくなる本でもあった。

奇跡のような体験から生まれた本!

 実家が旅館で、そこに映画のロケ隊が宿泊し、その映画が名作となる。そのような僥倖に恵まれた映画評論家を、私は他に知らない。本書はそんな幸運の持ち主によって書かれた。映画『張込み』の製作過程を克明に追うことにより、名画がいかにして生まれるか、格好のケーススタディとなっている。

 清張映画として初の成功作となった『張込み』と、清張自身が映画化を切望し、奮闘したものの、今に至るまで映像化されていない『黒地の絵』。この2つを結ぶ点と線は、やはりあの人物だった。それが誰かは、本書を読んでのお楽しみ、だ。 これ以上は『蛇足』 (^-^;

« 「地球の大きさを測りたい」 | トップページ | 「幸せのモデル」 »