« <恐れ入谷(いりや)の鬼子母神(きしもじん)> | トップページ | 監視システムの光と影  »

「もう、何がなんだか」

2ec3edbdd4c3805f5a0795117335350d_w1

 












 昨年の後半からよく耳にする。「もう、何がなんだか」。表情にはあきれがありあり。ちゃっとした国政野党に惑わされるのだ。だれがどの党で、何党が残っているんだか。先日は「ミン...ミンなんとか党の...あの人」で世間話がしばらく続いた。繰り返される再編がセミのような会話を生む

▼試しにこの人の半生をなぞってみると、「消えては生まれ」の一端がおさらいできる。1992年、初当選するなり自民党に対し"ほめ倒し"を敢行したのがいまの都知事、小池百合子氏である。日本新党の人だった

▼そのころは新党さきがけに新生党と「新」が乱立した。小池氏は新進党や自由党を渡り歩いた末、敵対した自民党に入る。さらに都民ファーストの会を率い、しまいに希望の党の代表に就いて、降りて、である

▼ここまでに挙げた党の理念がどうであったか、もはやぼんやり。いまの野党にしても同じ。党首のなり手がいない党さえある。一度は解党を叫んだ民進党はふらふら。肩を貸す仲間もいない

▼この通常国会に臨む野党勢の相関図を描こうとすると、まるで線が入り組んだ電子回路である。野党間でバチッと鳴る。党内でもバチッ、と接触不良の火花が上がる。民意を論戦の場へ届ける回路が心もとない

▼さかのぼって政党名を眺めると、「自」と「民」が人気のようだ。二つを抱える自由民主党は、いよいよ憲法改正に突っ走る。自由と民主主義をねじ曲げかねない、危うい路線である。ミン意、ミン意と叫びたくなる。【日報抄】

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆





     Youkai


  珍念の脳裏に、マハトマ・ガンジーの「7つの社会的大罪」が思い浮かぶ!

1925年10月22日、マハトマ・ガンジーは雑誌『Young India』にて、「七つの社会的罪」(Seven Social Sins)を綴った。

1.理念なき政治 (Politics without Principle)
2.労働なき富 (Wealth without Work)
3.良心なき快楽 (Pleasure without Conscience)
4.人格なき学識 (Knowledge without Character)
5.道徳なき商業 (Commerce without Morality)
6.人間性なき科学 (Science without Humanity)
7.献身なき信仰 (Worship without Sacrifice)

これ以上は『蛇足』  o(*^▽^*)o

« <恐れ入谷(いりや)の鬼子母神(きしもじん)> | トップページ | 監視システムの光と影  »