« 「美しき虹も、15分も 消えずにいればもうだれも見向きもしない」 | トップページ | ふたつの五カ条 »

漫談手品師・マギー司郎さん

 
          Photo_2




 とぼけた茨城なまりと眼鏡に口ひげでおなじみの漫談手品師マギー司郎さんは小学生の時、給食のコップがクラスの中で自分のだけ違っていた。家にお金がなく学校購入のコップを買えなかったからだ

▼恥ずかしくてたまらなかった。だが、ある時、クラス全員のコップが給食室から洗浄されて戻ってきた。みんな自分のコップを捜すが、なかなか見つからない。司郎さんだけすぐに取り出せた。「みんなと同じじゃなくてもいい」。それが生き方の原点になった-と著書「生きてるだけでだいたいOK」(講談社)で明かしている

▼筑西市出身。9人きょうだいの7番目。幼い頃から勉強も運動も苦手。舞台に立っても不器用で他の手品師のように華麗にはいかない

▼ある日、舞台でもたついた。思わず「ごめんねー。僕、下手なんですよ〜」とポロッと漏らした。意外にもこれが客に受けた。給食コップの記憶がよみがえった
▼働き方改革が本格始動する。ただ、長時間労働にしろ休暇取得にしろ是正の壁は何事につけ周りに合わせようとする私たち自身の意識だろう

▼人と比べない。弱さもさらけ出せば逆に生きる武器になる-と司郎さん。案外日本人の生き方を変える華麗なマジックかもしれない。【いばらぎ春秋】


♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:


Tejina        
       斯く言う“珍念”時々マジックをします
       思いもよらない失敗をやらかしたと
       素直に謝りこの次もチャレンジします
       お楽しみにしてください・・・と。






 「生きてるだけでだいたいOK」 商品の説明 内容紹介
【みんなと同じじゃなくてもいいんだよ。ダメなところは自分の財産。弱点はいつか武器になる】
 NHK『課外授業 ようこそ先輩』で大反響を呼んだマギー司郎が、現代の日本人に贈る「愛と癒しの幸福論」。

目が不自由なせいで、勉強も運動も全然できない劣等生だった少年が、中学卒業後、家出した東京でマジックに出会い、苦労の末に、少年時代からのコンプレックスを乗り越えて、自分の生きる場所、幸福を見つけるまでのLove& Peaceなライフストーリー。

 
 【〝すぐに幸せ〟になれなくても、〝ゆっくり幸せ〟なればいいんだよ】というマギのメッセージが、心いっぱいに優しく広がります!
内容(「BOOK」データベースより)
 『課外授業ようこそ先輩』(NHK)の感動がよみがえる!いつも“端っこ”にいた少年が、マジックと出会って“世界の真ん中”を探し当てるまでの、Love&Peaceなライフストーリー。
トップカスタマーレビュー
 
 現代日本人が失ったもの・・ 警鐘も含む、心に響く名著! Falke Mk.1
 マギー司郎の人生と人生観には、世代を超えての共感を呼ぶものがあると思います。
今の綺麗すぎる社会、便利すぎる社会に、ちょっと立ち止まって、人間と言う動物本来の姿に思いをめぐらせることもひつようなじ時代なのではないでしょうか。
 私が、発展途上国の国々に行って、何かしら懐かしさと人間らしさを感じるのは、著者の生きた時代を知っているからでしょうか。この著書の中には、現代日本人が利便性追求の過程で失っていった人間性も見直す“警鐘”も含まれていると思います。
 
育児本といってもおかしくない みかづきや
 ホッと一息つきたい時、育児に仕事に疲れた方におすすめしたいです!スイスイ読んでたら、いつの間にか気持ちよーく肩の力が抜けてました。貧乏で劣等生だった子供時代。でも、母親の逞しさや人の温もりはしっかりと伝わっていたのですね。
 ご自身にお子さんはないとのことですが、マギー司郎さんの生き方はたくさんの子供たちに勇気を与えると思います。そして親たちには心地よい脱力感とともに温かさをもたらしてくれると思います。( ^ω^)おっおっおっ

« 「美しき虹も、15分も 消えずにいればもうだれも見向きもしない」 | トップページ | ふたつの五カ条 »