« 犬は友達 | トップページ | “あの時の一言” »

「命売ります」

Inori


                 「命売ります」。そう持ち掛けられても、「はい、買います」
                 と言えるものではない。人の命を売買すれば犯罪になる







 
 ところが、自殺が未遂に終わった青年が「命売ります。お好きな目的にお使い下さい。秘密は一切守り、決して迷惑はおかけしません」と新聞の求職欄に広告を出すと、すぐに買い手が現れた。一人の老人で、年の離れた23歳の妻を巡って、青年に奇妙な依頼をする
 
 作家三島由紀夫の小説「命売ります」の冒頭。エンターテインメントであり、三島文学の中核をなす「死」という命題が、柔らかな筆致で描かれている
 
 発表から半世紀。にわかに脚光が当たり、BSジャパンで連続ドラマ化された。きょう放送が始まる。本県出身の俳優大杉漣さんが裏社会のボス役で登場するのも楽しみだ
 
 三島は「仮面の告白」「金閣寺」などが世界的な評価を受け、ノーベル文学賞の有力候補にもなった。多才で、エッセー、評論、戯曲、新作歌舞伎と間口も広い。小説が原作のドラマから、奥深い作品世界に足を踏み入れるのもいい
 
 1970年に自衛隊で憲法改正を訴えて割腹自決したが、死の2年前のこの小説で「命」とどう向き合ったのか。中高校生らの自殺が絶えず、解決策も見当たらない現代。「命」を売りに出した青年の心の変化は、貴重な示唆に富んでいることだろう。【鳴潮】

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆




Bi1_2


            このコラム『言い得て妙』素晴らしい!
            斯く言う(珍念)のコメントは『蛇足』・・


「命売ります」  トップカスタマーレビュー

 「命売ります」という広告 投稿者 三島の地

  三島由紀夫は、死さえもユーモアとしてしまうのだろうか?主人公は、自殺の求人広告を出す。「命 売ります」果たして、ここからどのように出来事が展開されるのだろうか?物語を読んでいると死から生の本質を探求かのようにも思える。決して映画には出来ない物語。しかし、真実味を帯びている。命のつまらなさという自意識がゆえのに起こる面白さがある。

 そして散らばった三島イズムは、なぜか読者にこの男の死を追いかけさせてしまう。スパイや吸血鬼といった世界も点綴されている。まるで死がまがいものであるかのように生を見せる。どこか秘密めいた一人の男の人生が描かれている。こんなにも命を投げ出した男が魅力的なことがあろうか?全く謎めいた主人公の存在が今も物語とともに心に残っている。言葉表現は三島由紀夫だなぁ・・とただ終わりが駆け足に思えて残念でした

テンポよく先が読みたくなる VINEメンバー

 とてもテンポよく、先に先にと読みたくなる内容で、あっと言う間に読破しました。ひとつひとつの内容がとても面白く、比喩的な描写に感嘆しながら読み進めることができます。正直な感想を言えば、もっと読んでいたい。

 主人公が経験することがもっともっとあれば、と思いました。最後辺りを読むのがとても口惜しい感じで、ホントにもっと読んでいたいと思わせるエンターテイメント性のある本です。

 読者の皆さまへ『百聞は一見に如かず』・・・ (o^-^o)

« 犬は友達 | トップページ | “あの時の一言” »