« 漫談手品師・マギー司郎さん | トップページ | ×を○に? »

ふたつの五カ条

Photo


      世に健康法は数あれど、かの大隈重信が実践していたと
      聞けば気にもなる。2度目の首相を引き受けたのは76歳
      から78歳にかけてというから、健康管理には人一倍うるさ
      かったようだ






大隈流「長寿法五カ条」怒るな愚痴をこぼすな過去を顧みるな望みを将来に置け人のために善をなせ―。特に最後の「人のために」が、大隈の生きざまであり、自らのパワーになっていたのだろう

◆小城市出身のジャーナリスト吉村久夫さんは著書『歴史を創った人たち』(佐賀新聞社)で、晩年と若いころで大隈の人柄はがらりと変わったと指摘する。晩年は「大らかで、好奇心旺盛で、おしゃべりの好きなおじいさん」。若い時は「いつも抜き身の刀をぶら下げて、肩を怒らせて歩いているような若者」

◆そんな若者を変えた手紙がある。親交があった薩摩藩士、五代友厚がしたためた「五カ条の忠告」である。要約すると、愚説愚論だろうと最後まで人の話は聞け、手柄は部下に譲れ、などで、折に触れて五代は「五カ条は守っているかと注意をうながしたといいます。大隈も反省するところがあったのでしょう」と吉村さん

◆常に「人のために」と心掛けるようになった晩年の大隈の元には、国内外から来客が絶えず、東京の大隈邸は「世界の居間」と呼ばれた。きょう1月10日は、83年の人生を存分に生きた大隈の命日である。【有明抄】

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

    
                         



           Ookuma_4


                  大隈 重信(おおくま しげのぶ、天保9年2月16日
                  (1838年3月11日) - 大正11年(1922年)1月10日)
                  は、日本の武士(佐賀藩士)、政治家、教育者。
                  位階勲等爵位は従一位大勲位侯爵(公爵)













  政治家としては参議兼大蔵卿、外務大臣(第3・4・10・13・28代)、農商務大臣(第11代)、内閣総理大臣(第8・17代)、内務大臣(第30・32代)、貴族院議員などを歴任した。早稲田大学の創設者であり、初代総長である。


 斯く言う、珍念 『論語読みの論語知らず』恥じている・・・ ┐( ̄ヘ ̄)┌ フゥゥ~

« 漫談手品師・マギー司郎さん | トップページ | ×を○に? »