« 「カリスマウグイス嬢」 | トップページ | モッタイナイキッチン(生ごみ減量) »

「鼠(ねずみ)」

Photo


         

        明治から昭和にかけ、鈴木商店という巨大商社が
        神戸にあった。金融恐慌で破綻したが、第1次大戦
        で欧州各国に鉄や石炭、小麦粉を売り、一時はスエ
         ズ運河を通る船の1割が鈴木商店絡みと言われたほどだ









▼その経営を担った大番頭、金子直吉を描いた城山三郎さんの「鼠(ねずみ)」という小説がある。物資の売り買いに才能を発揮し、小さな個人商店を20年余りで世界的大企業に育てた

▼「煙突男」との異名もあった。貿易の利益で工場を次々と建て、煙突を増やした。砂糖、レーヨン、金属、船など何十もの子会社を作った

▼城山さんによると、金子には大望があった。多くの人材を輩出した土佐に生まれ、政治家にあこがれたが、学がないために断念した。10歳からでっち奉公に入った商売の世界で産業を育て、国に貢献する夢を描いていた

▼帝人、日本製粉など鈴木商店に由来する企業は少なくない。アルミや銅製品の性能データを改ざんしていた神戸製鋼所もその一つである。組織ぐるみで10年前から不正を続けていたというから驚く。経営トップは先日、公の場に姿を見せ、反省を口にした

▼製品は新幹線や車に使われていた。自社だけではなく、メード・イン・ジャパンへの信頼も損ないかねない。金子の口癖は「生産ほど尊いものはない」だった。その言葉を受け継いでいなかったのか。 【滴一滴】

☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;:*☆*:;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;:*☆*:;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;:*☆*:;;;;;:*

Bi1


      このコラム『頂門の一針』素晴らしい!




「鼠(ねずみ)」 内容紹介

 一介の商店から大商社に成長した鈴木商店は、米の買い占めを噂され、大正7年、米騒動の群集の焼き討ちにあう。第一次世界大戦の戦後の不況から、昭和恐慌に至る時代に、あたかも諸悪の根源のように一身に批判を浴びた鈴木商店と、大番頭である金子直吉の生涯を描きながら、時代の変転と群集心理の本質に迫った作品である。

 双日の源流であり、米騒動の時に米を買い占めた悪徳商社という汚名を着せられた「鈴木商店」のはなし。著者の城山三郎さんが精力的な取材で明らかになった部分と、それでもわからない部分。

 これ自体30年以上前の本だけど、未だに双日の人はこの本をバイブルにしている(人もいる?)という話を聞いて読み始めましたが、たしかにいい会社だったんだろうなという感じは伝わってきます。実体がどうだったかということよりも、何世代か前の先輩にまで想いを馳せられる会社というのもいいもんだなと思う!

大正時代の新聞記事の引用がやたら多くて読みにくいけど、新聞記事をすっ飛ばしても、城山さんのまとめがあるので筋はわかります。

 これ以上は『蛇足』  (*^.^*)

« 「カリスマウグイス嬢」 | トップページ | モッタイナイキッチン(生ごみ減量) »