« 「貧乏性」 | トップページ | フェイクニュース (@_@;) »

「コラムに挑戦『私の天鐘』」

1


   
     言葉
     人の心を切りつける「鉄のことば」と
     人を救う「金のことば」がある。





17日付小紙に結果を掲載したが、今年も「コラムに挑戦『私の天鐘』」の審査を終えることができた。寄せられたのは昨年を上回る97点。応募していただいた方々に改めてお礼です。ありがとうございました

▼いずれ劣らぬ力作ぞろいで、若い方々の充実ぶりもうれしかった。印象に残った作品の一つが、最優秀賞に輝いた田村水脈(みお)さん=八戸市立白山台中2年=の1編である

▼人の心を切りつける「鉄のことば」と、人を救う「金のことば」があると田村さんは書いていた。自分が話すことばは温かく心のこもった「金のことば」でありたいと。みずみずしい感性がつむぐ文章が心に響く

▼世間では、盛り上がっているのかいないのか、選挙戦が最終盤。候補者たちのことばは何色だろう。八戸では衆院選に市長選、市議補選が重なって、多くの発言が飛び交う。ことばの色の見極めどころである

▼与党は実績自慢ばかり、野党は与党批判ばかりになっていないか。都合の悪い話題は避けていないか。耳には優しいが、財源や道筋は大丈夫か。視点はいくらでもある

▼最高裁裁判官の国民審査も含め、八戸では投票箱が五つ並ぶ。全ての票が確定するのは、投票日翌日の明け方近くとか。有権者にすれば5回の選択を迫られているわけで、悩ましいながらも「輝くことば」の投票先を見つけたい。すぐにメッキが?げた、なんて後悔はしたくないし。【天鐘】

☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;:*☆*:;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;:*☆*:;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;:*☆*:;;;;;:*




Ryoutou


       「言葉は諸刃の剣」







 「同じ舌を以て語る言葉に貴きもあれば卑しきもある
人を活かすものもあれば殺すものもある」(内村鑑三)。努力し苦労し抜いた人の一言は、生命を鼓舞し、周囲に希望を与える

 池田先生は常に「心こそ大切なれ」と。細やかな温かい言葉が響く社会こそ健康な社会だ。こう自覚し、対話を広げよう。と

 孔子という賢人は、「九思一言」といって九度思索して後に、一度語ったという。また周公旦という人は、髪を洗っている時、客人があれば、途中でも髪をにぎって迎え、また食事中であれば、口中の食を吐いてでも、客を待たせず、応対した。このことをしっかり、お聞きなさい。私の言を聞かず失敗して、私を恨まないようにしなさい。仏法というのは、このことをいうのである。

 思考には気をつけよう。いつ口に出してしまうか、わからないから。─イアラ・ガッセン

 いつも考えていることは、何かの拍子で口に出してしうまうことがある。気をつけなければいけない。

     『一言居士』の(珍念) 深く反省し恥じています (;ω;)

« 「貧乏性」 | トップページ | フェイクニュース (@_@;) »