« 「社会保障の仕組みが複雑なのは―」(@_@;) | トップページ | 「敬天愛人」 »

手 (@_@;)

     Te3

 赤ちゃんは生まれた時に手を握り締めている。これからの人生で大切なものをつかむんだと、言っているように。年老いて亡くなる時には、手のひらを広げて旅立つ。この世で手に入れたものは、あの世へは持っていけない。そう悟ったように

 いつか、どこかで、そんな話を聞いた気がする。映画のせりふだったか、小説の一節だったか。少なくとも、政界の関係者からではなかった

 「私を、私を」。いつの時代も、ポストを求める手が四方八方から伸びてくるのが、政界人事の常である。今回の内閣改造で閣僚の半数以上が入れ替わったが、初入閣は6人にとどまった。資質に欠ける閣僚を安定感のあるベテランに代えて、窮地をしのぎたい。そんな意図は分かるが、安倍晋三首相が掲げた「人心一新」には程遠いのが第一印象だ

 改造はもろ刃の剣。入閣できなかった議員の不満がいつ爆発するか分からない。首相は憲法改正への意欲を隠さないが、内閣支持率の急落を受けて、党内では異論も聞こえ始めている

 首相が後世に名を残そうとするなら、道を誤りかねない。私心なく国のために尽くせば、評価はいやでもついてくる。人心が離れるのは私心が過ぎるからではないか

 政治家の手は名誉や利益をつかむためのものではない。困窮し、救いを待つ国民に差し伸べるためにある。【鳴潮】


・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆



Yjimageygbdq09r


          このコラム『的を射る』・・・素晴らしい!
          珍念のコメントは(的を外す)モジモジ(。_。*))) 



« 「社会保障の仕組みが複雑なのは―」(@_@;) | トップページ | 「敬天愛人」 »