« 100年先を見据えろ、とは言わないものの  | トップページ | 姿勢 »

劇場型政治「見物のこわさ」知らぬ蓮舫氏、カーテンコールが聞こえない

Renpou


             
               記者会見で辞意を表明した民進党の蓮舫代表
              27日午後、東京・国会(春名中撮影)

 

 





 小林秀雄は文芸批評のみならず戦後の論壇に大きな足跡を残した。「民主主義という大芝居には、政治家という役者と国民という見物人が要る」。現代の「劇場型」の政治をすでに見通していたようで、こう続く。「政治家は、見物のこわさを知る名優でなければならない」

 ▼安倍晋三首相に聞かせたい言葉だが、民進党を率いた蓮舫氏も「見物のこわさ」を知らなかったのではないか。突然の代表辞任には驚いた。就任してまだ1年にもならないが、白いスーツと眉間にシワを寄せた険しい表情しか印象にない。「二重国籍」問題で説明を引き延ばしたのも失点だった。

 ▼対案型の政党に生まれ変わると言ったはずだが、どんな政策を打ち出したか寡聞にして覚えがない。会見での「いったん(身を)引くのが最善だ」は、捲土(けんど)重来を期す決意なのだろう。安倍内閣の支持率が急落してたのに、民進党も支持率を下げた。自身も党も再び喝采を浴びるのは容易ではない。【浪速風】

...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。



.Yubi2


            このコラム『言い得て妙』 素晴らしい!
            安倍晋三首相・蓮舫氏に(世阿弥の風姿花伝)
            「離見の見」を、お贈りします。



これ以上は『蛇足』・・・・・・(A;´・ω・)アセアセ

« 100年先を見据えろ、とは言わないものの  | トップページ | 姿勢 »