« 笑いを制するものは健康を制す | トップページ | CM内容に見るダイバーシティーとは »

「数字力」

S2

 

      数字、数学が苦手な人は多い。しかし世の中を論理的に
         見つめ、正しく把握するには必須の存在だ。しかも注意を
         怠ると数字の本質を見逃してしまう危険性がある











▼経営コンサルタント、小宮一慶さんは「ビジネスマンのための『数字力』養成講座」でこんな事例を取り上げる。病院団体の依頼で満足度調査を行ったという

▼質問項目それぞれに7点満点で採点してもらった。すると評価最下位は、大方の予想通り「待ち時間」だった。では待ち時間を短縮すれば問題は解決するのだろうか

▼待ち時間を減らすには医師や看護師を増やせばいい。しかし経営を圧迫する。診療時間を減らすのも一考だが、これでは本末転倒である。調査の真の狙いは満足度に影響を及ぼす項目を見つけること

▼数字データと満足度の相関を分析すると、最も重要なのは「医師の言葉遣い」「医師・看護師への信頼度」と判明。待ち時間より患者の対応、スタッフの教育がカギだった

▼ところで内閣支持率が最低の35%台まで続落した安倍政権。野党からは加計(かけ)学園問題などの追及が勢いづき、数字を前にさぞかし恨めしい気分だろう

▼首相自身が出席する閉会中審査では質疑の時間配分や証人・参考人の調整で難航した。しかし信頼回復には時間減らしの義理対応より、懇切丁寧な説明こそが肝心。本質を間違えない「数字力」が試金石となる。【越山若水】


・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

Pa7


     このコラム『的を射る』

 ビジネスマンのための「数字力」養成講座 商品の説明 内容紹介

 発売以来、ベストセラーとなった『ビジネスマンのための「発見力」養成講座』に次ぐ本書は、まさに経営コンサルタントとして多くの企業の経営上の問題解決にあたる傍ら、テレビ等でも活躍の著者の真骨頂。

 GDPから自分の会社の売上げ、野立て看板の数まで、数字の表すものやさまざまな数字との関連を読み解いていくさまは、推理小説よりおもしろい!といっても、本書は、それを読んで楽しみ、単に知的に遊ぶためのものではない。

数字を読むための7つの基本、5つの習慣、そして、陥りがちな罠と、豊富な実践例とともにお届けする本書は、読者が数字を自在に扱い、ビジネスに必須の把握力、発想力、推定力、目標達成力を身につけていくための、あくまでも実践の書なのである。

 『ビジネスマンのための「発見力」養成講座』で著者のファンになられた方も、ちょっと物足りなかった方も、そして、まだ読んでいない方にとっても、本書は、手放せない1冊となることだろう。

カスタマーレビュー

 数字で生活が楽になります。 投稿者アマゾン司郎2

 本書を読んでからは新聞を読むのにも、数字を意識するようになりました。数字を意識すると、何故か記憶に残りやすくなるように感じています。最も、身近な数字である「気温」を意識してみると、季節の移り変わりの準備が随分と楽になりました。気温の変化が激しい時には、体調に気を付けるようになり、服装選びに悩む時間が減りました。

 私は主婦や学生など、どんな人でも読んで欲しいと思います。力強く背中を押してくれる 投稿者Kindleユーザー

 「数字」のセンスを身につけると言うことは実はとても難しい。即効性のある「コツ」があるわけはなく、認知能力と粘り強い関心を持ち続け、努力し、現実正解で試してみて少しづつ身につくような能力。積み重ねが大切であるといみでは「語学力」と似ている。

 この本は、非常に内容がしっかりしているが、「数字力」なんてちょっとした心がけと心構えと少しの努力で短期間にレベルアップするものたという「希望」を抱かせてくれる。その辺の企画のうまさ、その企画にのってこの本を書き上げた著者は「数字力」以上に「営業力」に長けている。

定量化は大切です。 投稿者しゅん

 仕事ができる人は、「もうちょっとでできます」「売上がだいぶ上がった」など曖昧な表現を使わず、「あと5時間でできます」「売上が200万上がった」など具体的な数字で表現する。

 さまざまな数字に興味や疑問を持ち電卓を叩いて実際に目的の数字を導き出してみることや数字を導き出すための過程を考えることがとても大切なんですよね。「ふいんき」だけで仕事をして行き詰ってる人にオススメ

 

この本は安倍総理にお勧めします。 投稿者 珍念

Yjimage1


    「木を見て森を見ず」
の言葉をお贈りします!

« 笑いを制するものは健康を制す | トップページ | CM内容に見るダイバーシティーとは »