« 「悪魔に地球を売った最も愚かで危険な男」 | トップページ | 「日本の土地神話」が崩れた »

信長をやゆする小話

Nobunaga


                       京風の上品な膳に、「水くさくて食えぬわ。
                       料理人を殺してしまえ」と息巻いた、というのは
                       織田信長のよく知られたエピソードの一つだ。
                       江 戸時代の随筆「常山紀談」に出てくる







 
 ▼料理人の姓は坪内、名までは伝わっていない。鶴鯉の包丁をはじめ、伝統的な七五三の膳の儀式にも明るく、宮中でも通用する第一級の腕前だったようである。「いま一度機会を。それでだめなら腹を切る」と願い出て許しを得た
 
 ▼翌日の朝食の席。今度は殊の外うまかったようで、さすがの信長も大いに喜んだ。実はこの人、信長に滅ぼされた三好家の料理人だった。この後、聞く人も驚く皮肉を口にする
 
 ▼「三好家は、長輝に始まり5代にわたって日本の政治を仕切ったのだから好みも一流。きのうはそれを出したので、まずいと言われたのも無理はない。けさは三流の、田舎風の味付けにしたから口に合ったのでしょう」
 
 ▼信長をやゆする小話だが、徳島人としては別のことを思う。阿波から出た三好氏が、いいところまで行きながら、天下を取れなかったのは無理もない。味覚まで京風に染まっては、戦国を制して、次の世を切り開けるはずがなかった
 
 ▼もう一つ思う。三代続けば末代続く。そんな政治家が随分と目立つ今どきの政界である。この辺で次の世を開く、田舎風の野太い人が出てこないものか。 【鳴潮】

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

「常山紀談」 トップカスタマーレビュー

いわば「名将言行録」   投稿者  エパメイノンダス

 江戸時代中期に徂徠派の儒学者湯浅常山によって書かれた書。幕末に書かれた「名将言行録」と似てるけど、「名将言行録」が武将ごとにまとめて逸話が書かれているのに対して、こちらは特に人や時代を纏めることなく逸話が書かれている。

 この巻で目立つことは、甲陽軍鑑を虚偽の書と弾劾していること、信長や信玄の人格への批判、それの対照的な人物として謙信を称揚していることか。

 現在でている岩波文庫版は1933年に出版されたものの重版なので旧字体・古い活字のまま。そこらへんが読みにくいかもしれないけど、掲載されてる逸話は、司馬遼太郎や海音寺潮五郎の書に幾度も引用されてるものばかりなので、内容を理解するのはそれほど難しくはないと思う。


三代続けば末代続く」 

珍念の脳裏にふと、(原田稔会長)の談話が思い浮かぶ!

 池田先生がキューバを訪問されたのは、96年6月。

 先生のキューバ訪問には私も随行させていただきましたが、この時を振り返って学ぶべき人間外交の要諦は、「信念の対話」と「勇気の行動」という2点だと思います。



       Kaiken

 あの歴史的なカストロ国家評議会議長との会見でも先生は、例えばキューバの後継者問題について自ら話題にされ、「大事なのは第2代であり、なかんずく第3代です。3代まで固めれば恒久性ができます」と、江戸幕府などを例に、単力直入に意見されていました。

 「3代までで決まるーそれではソ連は、どうなりますか?」と逆にソ連の崩壊を引き合いに出して、さらなる意見を求めたのです。これにも池田先生の答えは、「人物で選ぶよりも政治的観点が優先していたと私は思います。そこには師弟がありません。精神性の継承がありません」「目的は、民衆の幸福であり、食・衣・住という生活の向上です。

その意味では社会主義も手段です」とこれまた明快でありました。

 相手は百戦錬磨の革命の闘士です。もとより簡単に言える言葉ではありません。この時の心情を、先生は、こう綴られています。「あるいは議長を不快に されるかもしれなかった。それなら、それでも、よかった。正しいと信ずることを相手に言わない友情はにせものだからである。私は議長を信じていた。民衆への議長の愛情を信じていた」と。

そして、本物は本物を知る、であります。

 「友情に感謝します」-議長は先生に言いました。深い友情が結ばれた瞬間でした。「信念の対話」すなわち攻めの対話、誠実の対話が、議長の心を動かしたのです。

 そもそ1996年当時、キューバによるアメリカ民間機撃墜事件が起こり、両国は一触即発の緊張状態でした。先生は、アメリカにいる間も、さまざまな世界的有力者に キューバ訪問の是非について意見を求めておられました。

 そして言われました。「皆、反対だった。しかし、今は行く時だと私は決めたんだ」と。この時を振り返り、先生はつづられています。「人は会ってみなければ、わからない。会いもせず、語りもぜず判断するのは、先入観の奴隷である」先入観を打ち破る「勇気の行動」に、新たなる出会いがあり、新たなる友情が広がるのです

今日も(珍念)のコメントは『支離滅裂』 お笑下され~い! ι(´Д`υ)アセアセ

« 「悪魔に地球を売った最も愚かで危険な男」 | トップページ | 「日本の土地神話」が崩れた »