« ウラから目線 | トップページ | 詭弁(きべん)  (@_@;) »

小銭を洗う方法 !(^^)!

Photo_2


            『瓢箪なまず日記』 
室井滋




 10円玉は酢か醤油、5円玉はケチャップ、1円、50円、100円硬貨は歯磨き粉。読みながら、メモをした

 夕刊の「瓢箪なまず日記」で室井滋さんが書いていた小銭を洗う方法。ピカピカにすると、お金が寄ってくる。小銭の親であるお札もやってきて、財布が豊かになる、とあった

 ヒマなときに試してみようと書きとめた。どうせ手にするなら、ピカピカの硬貨の方がいい。身の回りのいろんなものをテストし、醤油やケチャップの効能を突き止めた人に敬意を表したい

 わが小銭入れは、油断すると、ぶくぶくと膨れる。消費税導入で、小銭のやりとりがにわかに増えた。端数は結構、という麗しき「おまけ」の慣習も薄れた。面倒くさいから、つい千円札で支払いをし、釣り銭で醜(みにくいまでに小銭入れが膨(ふく)らむ。困った時代になったものである。そうため息をつきながら、ふと思う

 要は、小まめな支払いを心掛ければ済む。自分の無精は棚に上げ、もっぱら世の中の風潮に非をなすり付ける。さしずめ、硬貨よりも、わが身勝手という汚れを落とすのが先か。そんな知恵があるなら知りたい。【時鐘】

♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:

Cocoro1


このコラム言い得て妙
(小銭を洗う方法)試しました。見違えるほどピカピカになりました。
斯く言う珍念・・顔は童顔で善人のようですが、心は悪しき煩悩で
穢れています。深く反省し、恥じています!

« ウラから目線 | トップページ | 詭弁(きべん)  (@_@;) »