« 他人の目 | トップページ | 「はなこんび」の方がいいのに »

「お役ごめん」 (@_@;)

     Kiru

 路線図の東端には「後免町(ごめんまち)駅」、西の端には「伊野(いの)駅」。四国は高知を走る「とさでん交通」の路面電車である

◆20キロほど離れたその区間を、「ごめん」「いの」とひらがなの行き先看板を掲げ電車が行き交う。鉄道ファンにはおなじみかもしれない。ごめん。い~の。「謝って許す電車」として話題になっていた記憶が、残念ながら不快な話でよみがえった

◆誰も許した覚えはないが、ひとり無軌道の「ごめん」電車を走らせている。がん患者は「働かなくていい」。自民党の大西英男衆院議員がまた人を傷つける発言をした

◆「みこさんのくせに」とか、「マスコミを懲らしめる」とか、女性議員に「結婚して子どもを産まないとダメだ」とか。その人の言葉を振り返れば、政治家としてはもちろん、人としての神経を疑うものもある

◆「家の窓になりたい」と言い残し、亡くなったがん患者がいた。そこに世間と引き裂かれ、尊厳を否定された人の姿を見た、とは近代ホスピスの母と呼ばれた英国医師ソンダースの回想である(シッダールタ・ムカジー著「がん-4000年の歴史」)

◆病はあっても、社会とつながり続ける。その窓を、扉をこしらえるのが政治の役割だろう。「ごめん」の前に「お役」とつけて走ったらどうか。【正平調】

☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;:*☆*:;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;:*☆*:;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;:*☆*:;;;;;:*




A12c1


     このコラム 『一刀両断』 お見事!






« 他人の目 | トップページ | 「はなこんび」の方がいいのに »