« 平和つくるルール守るよ 8歳の思い、大空襲経験87歳の「希望」 | トップページ | 「人皆人に忍びざるの心有り」 »

無知こそが暴言の予備軍

Photo


             「武士道というは死ぬ事と見つけたり」の「葉隠」で知られる
             佐賀藩士山本常朝は若いころ、「残念記」を付けていた。毎
             日の失敗をつづるのだが、自らに厳しかったらしい。その数
             「二十、三十なき日はなし」と述べている






◆こちらはいずれも人生のベテランとお見受けするが、ならって日記を付けたらいかがだろう。自身の失態をネタに「長靴業界はだいぶもうかった」-残念。原発事故の自主避難は「本人の責任、判断だ」-残念

◆大臣らによる暴言、失言がやまない安倍政権である。先日は、山本地方創生担当相が文化財の活用をめぐり「一番のがんは学芸員。一掃しないとだめだ」と言い放った

◆もはや、残念では済まない域に達している。発言から見えるのは自らを律する気構えのなさ、ものごとへの理解のなさ。さらには悲しいかな、避難者は、がん患者はどう感じるか、といった想像力のなさだろう

◆戦後政治家暴言録」という本を書いた保阪正康さんは、「学問的知識や社会常識が一定レベルある」ことを政治家の条件に挙げていた。無知こそが暴言の予備軍だと

◆「果てもなく候故(ゆえ)、止(や)めたり」。あまりの失敗続きに、常朝は残念記をやめてしまったという。「辞めたり」という見極めもまた政治家の所作だろう【正平調】


・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

Seijika


             「戦後政治家暴言録」 
商品の説明  内容紹介




  暴言は時代の良識を映す鏡だ——昭和史研究の第一人者である著者はいう。本書は、戦後政治史の負の伴走者である暴言・失言の数々を取り上げ、発言がなされた当時の時代状況と照らし合わせながら精細に解読。言葉の裏に透かし見える日本の深層をあぶり出す。著者の長年にわたる研究成果を結集した労作である。

  吉田茂の不規則発言「バカヤロー」から、中曾根康弘の「不沈空母」発言、そして最近の森喜朗「日本は神の国」や小泉純一郎の「人生いろいろ」まで、数多の発言を紹介。二一世紀初頭を生きる我々が現在さらされている、国政の危難の正体とは何か? 時代を正しく読むための座右の書として、本書を読書子に捧げたい。

内容(「BOOK」データベースより)

  吉田茂の「バカヤロー」から小泉純一郎の「人生いろいろ」まで。戦後60年を象徴する政治家の失言・放言を詳細に辿りながら、無気力が蔓延する現代へ警鐘を鳴らす、保阪史観の集大成

トップカスタマーレビュー

政治家の資質と国民の自覚   投稿者  モチヅキ 
 
▼昭和史・医学関係の多くの著書を持つ1939年生まれのノンフィクション作家が、2005年に刊行した新書本。私はあまりこの著者に良いイメージはもっていないが、本書の基本的な立場には共感できるところが多かった(特に、オモテの言論とウラの言論に関する考察と、前者への著者の共感、市民的自覚の必要という指摘に)。ただし、第一に著者の言う暴言・失言の6つ(後に7つに変化)のパターンという区分(区分の規準は明確か?)は、分析の道具としてどれだけ有効か疑問である。

▼第二に、1970年頃を目安に戦後日本政治家の暴言・失言を二つの時期に区分しているが、前者が戦前の官僚体質の残存として特徴づけられているのに対し、後者の特徴づけが不明瞭である。第三に、個別の社会背景については指摘されるが、戦後日本全体の流れをあまり見ていない感がある。従って、基本的には戦前対戦後という分析枠組みである。小泉政権を支えるアパシーについても、その背景の分析は、正しいにせよいまいちである。

▼したがって、本書の全体の流れ自体はあまり面白くは無いが、戦後日本の政治家(主として自民党)の主な暴言・失言の一覧が得られる点、特に小泉首相の資質が問われるような確信犯的な暴言が再確認できる点はお薦め。

▼小泉首相は前首相不信任案却下の後に選出され、当初よりイメージ先行の大人気がありながら、結局はつぶれかかった古い自民党をつぶす方よりは選挙で支える方にそれを活用し、郵政民営化以外の公約もきちんと実現しないままである。その上、本書で見られるような暴言まで行ない、議論をきちんとしないことの問題性は、正面から論じられてしかるべきだろう

思考には気をつけよう。いつ口に出してしまうか、わからないから。─イアラ・ガッセン

いつも考えていることは、何かの拍子で口に出してしまう、ことがある。
        気をつけなければいけない。


             『一言居士』の珍念 反省し、恥じている 。・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。


« 平和つくるルール守るよ 8歳の思い、大空襲経験87歳の「希望」 | トップページ | 「人皆人に忍びざるの心有り」 »