« 「人皆人に忍びざるの心有り」 | トップページ | 「どろぼうがっこう」 »

「記者手帳」

        Photo_3


                涙なしには読めない記事がある。1年ほど前、本紙
                (徳島新聞)社会面に掲載された「記者手帳」も、そう
                だった。ある殺人事件の背景を伝えていた





 
 記事は、長年連れ添った妻の首に、夫が手を掛ける場面から入る。暴れる妻を押し倒し、「ごめん、ごめん」と言いながら5分以上、力を込め続けたという
 
 約40年前にさかのぼる。千グラムの低体重で生まれた長女には重度の障害があった。妻は看護師の仕事を辞し、介護に専念する。精神状態が不安定になったのはこのころだ
 
 十数年の後、娘を失うと症状はさらに悪化し、奇行が目立つようになった。夫の顔すら分からなくなった妻を見て、夫は殺害を決意した。「妻は病気と闘ってきた。もう頑張らなくていい。これ以上つらい目に遭わせたくない」。身勝手な動機と言えば言える
 
 同じような話がどのくらいあったろう。警察庁のまとめでは、2014年に全国の警察が摘発した親族間の未遂を含む殺人事件や傷害致死事件は計272件。介護や育児疲れ、金銭困窮などで「将来を悲観」しての犯行が最も多かった
 
 個人の生活に立ち入るのは難しい。苦悩する家族を孤立させない仕組みを充実させても、どれほど救えるか。先の夫は直前まで、命ある限り妻と一緒に生きていくつもりだったそうだ。そう聞けば救えたかもしれない、とも思うのである。【鳴潮】

☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;:*☆*:;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;:*☆*:;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;:*☆*:;;;;;:*

K05

              このコラム『治人ありて治法なし

              『頂門の一針』素晴らしい・・・・!





 黒澤明監督の名作 『生きる』に思いを馳せる!

 ※「生きる」の主人公は、都会の区役所に勤める中老の吏員である。毎日同じ時間に出勤して机の上に山積みした書類を、ぼそぼそとひっくり返している。あまり、やるきが無い。この吏員は、身体の具合いが悪い。胃が痛む。だから、よけい無愛想になる。胃の痛みが酷くなる。ついに彼は決心して病院に行く。そして、最悪の宣告を受ける。ガンだったのである。

 ※あと数カ月の生命しかないことが分かる。しかし、その絶望状態の中で、彼はあとわずかしか残っていない生命の価値を発見する。

 ※彼は、自分が、本当の意味で生きていなかったのだ、ということに気が付く。人生はもっと素晴らしいものでありえたはずだ、もっと充実した喜びに満ちたものでありえたはずだ。生きていることの楽しさを実感しうるような生活、それが生きるという事なのではないか。残された時間は少ない。少ないけれど、この数カ月を、本当に生きてみよう----彼はそう決心する。

 ※胃の痛みは、ますます激しくなる。しかし、そう決心した時から彼のすさまじい活動が始まる。陳情にきた主婦達の訴えを真剣に聞く。ついこの間まで、全然相手にもしなかった児童公園の建設を、主婦達の身になって考える。お役所仕事というのは、いろんな手続きが面倒くさい。

 ※下級吏員の一人の力でどうなるものでもない。しかし、この児童公園をどんな事があっても、作り上げようと彼は決意する。まるで人が変わったように、彼は熱心に上役に陳情を取り次ぐ。

 ※いろんな妨害もある。事なかれ主義の高級吏員はあいまいな態度で彼をあしらう。だが彼は負けない。頑張りに頑張って、とにかく公園建設の決裁を取り付ける。工事が始まると、雨が降っても建設の現場に出かけて進行状態を見守っている。

 ※ほとんど殺気だったような彼の熱心さで公園は完成した。小雪のばらつく夜、彼は自分の作った児童公園のブランコに腰掛けて、ゆらゆらと揺らしながら、歌を歌う。喜びに満ちた笑顔が蘇る。そして、その喜びに浸って、彼はブランコの上で息を引き取るのである。

果して我々は、本当に生きているのか。

 ※我々は、今、こうしてここにいる。しかし考えようによっては、ガンの宣告を受けたあの吏員と変わらないのではないか。「生きる」の主人公と青年との間にある違いは、深淵までの距離が数カ月であるのと、数十年であるのとの違いに過ぎないのではないか。

 ※生きることの意味をいつ発見するかには個人差がある。例の老吏員のように、人生の終わりの数カ月で発見する人もいるし、数十年に渡って生きることの意味を探求し、本当に生きることの出来る人もいる。そして、もしも、生きるということが、生命の充実感を伴った幸福な状態であるとするならば、はやく生きることの意味を発見したほうが、より幸福になることにならないか。

 ※重大なのは、生きる決意をした人間には、驚くべき可能性が開けているという事実である。私達の多くは、その可能性をあまり試したことがない。本当に自分が無力であるのか、或は無力であると思い込んでいるだけなのかを、この辺で検討して見たらどうでしょうか。

 今日も、(珍念)の灰色の脳細胞は冴えません。 ε-( ̄ヘ ̄)┌ ダミダコリャ…

« 「人皆人に忍びざるの心有り」 | トップページ | 「どろぼうがっこう」 »