« ホモセクシュアル映画」の第1号? | トップページ | シマウマのしま太 »

送り犬

Photo


               女性が山中を歩いていると、陣痛が始まり、赤ちゃんが
               生まれた。野犬が集まってくるのでてっきり襲われるのか
               と思っていたら、オオカミに狙われないよう監視してくれた







▼そればかりか、犬たちは女性の家に向かい、夫まで連れてくる。女性は赤飯を作って、犬に食べさせたという。長野・東部に伝わる民話「送り犬」である

▼犬と人間との心のつながりは別格かもしれないが、人間同士ならなおさらだろう。犬でさえ弱い者に情をかけるのに、安全を見守る立場のはずの人間が子どもの夢を奪ったのだとすれば…

▼千葉・我孫子で殺害された小3女児の遺体が見つかった事件で、46歳の男が死体遺棄容疑で逮捕された。驚くのは、男が女児の通う学校の保護者会会長を務め、登下校の見守りをしていたことだ。容疑が事実なら、同じ年頃のわが子の顔は浮かばなかったのか

▼事件後、ベトナム出身の女児の父親が「(女児が)戻りたいです。生きたいです」と声を震わせながら話していた光景が忘れられない。「日本は安全な国と思っていたのに」。千葉県内のベトナム人の言葉が胸に突き刺さる

▼金子みすゞの詩に「あした」がある。<まちのはては夕やけ小やけ、春の近さも知れる日。なぜかわたしもうれしくなって思ってきたは「あした」>。もう女児には希望に満ちた「あした」は訪れない。せめて真相を明らかにし、天国に届けたい【卓上四季】

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

Bu1


         女児を殺害した、保護者会会長に殺意を感じる
         思うだけですが、亡くなられた小3女児のご冥福
         をお祈りします!

« ホモセクシュアル映画」の第1号? | トップページ | シマウマのしま太 »