« 無知こそが暴言の予備軍 | トップページ | 「記者手帳」 »

「人皆人に忍びざるの心有り」

Photo


                       中国の儒学者「孟子」(もうし)とは?

                       孟子は中国の戦国時代の儒学者。
                       孟子の「子」とは先生というほどの意。








  儒教では孔子に次いで重要な人物であり、そのため儒教は別名「孔孟の教え」とも呼ばれる。孟子の言行をまとめた書物「孟子」や「性善説」を世に出し「仁義」による王道政治を目指した

 

  ▼横浜銀行で、新卒の採用や社内人事に携わっていた児玉征史さん(52)は多くの同僚から「正義感が強く、面倒見がよかった」と信頼されていた。採用試験の際、世話になった若手行員は、仕事のことで悩んでいないか、とよく声を掛けてくれたそうだ

 ▼児玉さんは先の土曜日、川崎市川崎区内の京急電鉄踏切内で、77歳の男性を救出しようとして電車にはねられ、男性とともに死亡した。異変に気付いた児玉さんは男性に大声で呼び掛けた上、踏切内に入り、男性を連れ出そうとしたが、一緒にはねられたという

 ▼目の前で男性が危険にさらされているのを見て黙ってはいられなかったのだろう。「人皆人に忍びざるの心有り」。性善説を唱えた孟子の言葉がつい頭に浮かんだ。誰にも困っている人を放っておけない哀れみや思いやりの心があるというのだ。「惻隠[そくいん]之心」である

 ▼児玉さんの家族は「心の整理がつかない」とコメントを寄せたという。その思いに胸が詰まる。一方で、先日の本紙に載ったのは惻隠とはかけ離れた出来事ではないか

 ▼大分市の私立中学で体育の授業中に倒れ、死亡した男子生徒の両親が3月の卒業式への参加を学校から拒まれた。納得できない両親は当日、学校を訪れたが、職員に制止され、敷地に入ると通報を受けた警察官に事情を聴かれた

 ▼卒業式はその間に終わってしまった。式は友人の訴えで、空席に遺影が置かれた。拒否した学校の説明は、両親が参加すれば、式の運営に差し障りがあったという。事情はどうあれ、忍びざるの心どこに、である。【大自在】

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

Ku_2


      

          呆れ果てて、コメントは『秋葉山から火事』

« 無知こそが暴言の予備軍 | トップページ | 「記者手帳」 »