« 人間の幸福や成功とは何か・・・? | トップページ | 笑顔 »

あの日

Photo




      3月の風に想いをのせて 桜のつぼみは春へとつづきます
      ロックバンド「レミオロメン」の2004年のヒット曲「3月9日」は
      卒業式の定番ソング。この季節になるとラジオでよく流れる






◆6年前の3月9日は、三陸沖で震度5弱の地震があった。その激しい揺れは、2日後の予兆だったか。2万人以上が犠牲になった東日本大震災の被災地では、私たちの生きる世界と冥界の境があいまいになったかのような、不思議な話が語られている

◆東北学院大学の学生たちによる調査をまとめた『呼び覚まされる霊性の震災学』(新曜社)には、宮城県石巻市のタクシードライバーたちの証言が収められている。真夏なのにマフラー姿の小学生の女の子を乗せたドライバー。迷子だと思って家まで送ると「おじちゃん、ありがとう」。すっと消えた

◆ダッフルコート姿の青年は「彼女は元気だろうか?」という言葉と、リボンの付いた小箱を座席に残す。30歳代の女性は、津波に流され更地になった土地へ向かうよう頼んで消えた。それらは「無賃乗車」として処理されるが、どの証言も死者を悼む気持ちにあふれる

◆冒頭の曲は<瞳を閉じれば あなたが まぶたのうらにいることで どれほど強くなれたでしょう>と歌う。亡き人の面影を重ねる被災者も少なくないだろう。あの日が近い。【有明抄】

☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;:*☆*:;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;:*☆*:;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;:*☆*:;;;;;:*

『呼び覚まされる霊性の震災学』 商品の説明  内容紹介

◆震災による死に人々はどう向き合うか
 霊を乗せて走るタクシー タクシードライバーの幽霊体験、その真相とは? わが子は記憶のなかで生きていると慰霊碑を抱きしめる遺族、700体もの遺体を土中から掘り起こして改葬した葬儀社、津波のデッドラインを走る消防団員、骨組みだけが残った防災庁舎を震災遺構として保存するかなど、被災地の生と死の現場に迫るノンフィクション。亡くなった肉親や津波犠牲者の存在をたしかに感じるという、目にみえない霊性の世界に迫ります。

カスタマーレビュー

魂の死後存続の証明  投稿者gomann

★冒頭の石巻でのタクシー運転手が遭遇した、心霊現象をルポした女子大生工藤優香さんの活動をテレビで知り、興味を持ち購入しました。霊的真理にめざめつつある私が、とりわけ興味をもったのがやはりこの、石巻市でのタクシー運転手が遭遇した心霊現象です。

★震災から3ヶ月後の6月の初夏の深夜、季節はずれのふかふかのコートを着た30代の女性が駅に立っているので、季節はずれの服装に奇妙な感じをおぼえるも、客として乗り込んできた女性に行き先をきくと、南浜までと答え、運転手があそこは震災でほとんど更地になったますけどいいんですか、と聞くとその女性は(私は死んだんですか?)と答え、驚いた運転手が後ろを振り向くと、女性は消えていた。

★この本で述べているとおり、ほかの霊現象と違い、運転日誌に無賃乗車と記録されるため、確かにこのような女性が乗ったことが確認される。とりわけ私が注目したのがこの女性が話した言葉です。運転手に、私は死んだんですか?と聞いている、近年私が自分のバイブルとも思っているシルバーバーチの霊訓の中に死後の魂の状態をのべているが、戦場で死んだり、事故や災害で死んだりした魂はしばらく霊的意識が混乱して、自分が死んだことに気がつくのが遅れると述べている。

★未曾有の大災害となった東日本大震災です、亡くなったかたの無念は計り知れないでしょうが、この本が、日本人の霊的意識向上のきっかけになることを願ってやみません。

衝撃的です 投稿者朝のハクビシン

 第一章、衝撃的です。タクシー運転手の話。信じられません。しかし、嘘じゃないと思います。怖いけど、ほんとうなのね。 運転手さんたちの態度に感動します。他の章もすごく意味があるのだけど、この章だけはインパクトが違う。神も幽霊も信じてきませんでしたが、この本を読んだことによって考え方が変わりそうです。 というか、すでに変わりました。

 私、とあるクラウドファンディングみたいなところを通じて震災からの復興を目指す東北や北海道の小さな会社に出資しましたがこの本を読んで本当に良かったと思います。微々たる金額ですが直接ファンディングができるので顔が見えるし役に立っていることが直に伝わるしわかめや牡蠣やいろんな産物でぜひ復興し欲しいと思っています。

垣間見てほしい3.11後の…投稿者ゆうむ

 レビュアーは宮城内陸部に住む被災者である。本書のことはブロック紙の記事で知ったと記憶する。まずは同じ土地に住むものとして沿岸部の犠牲者に哀悼の意を表したい。
本書は、東北学院大の社会学ゼミの学生がまとめた卒業論文リポートだ。一般書として出版された。

テーマと視点。第一章から、素晴らしいと思う。読むに際しては大学生のまとめた文章であることを念頭にしてほしいが、卒論として淡々とつづっている。本来一般人に読んでもらうために書かれたものでないゆえの情報補完手法の難がある(脚注に資料引用と出典元が記述されているが、本来は教授宛てに書かれた文章で、仲間内の調和として出典元の論文を読破済みであることが読解の前提になっており、すべての資料を参照できるわけではない一般読者にとっては負担になるから)が、被災者のひとりとして、よく調査してくれ、結果を一般公開してくれたことに称賛と感謝をおくりたい。

 一方、本書に対して非科学的と評する人々に対してモノ申したい。
「科学」という言葉の本来の意味は、「考える」である。真摯な態度でものごとに臨むことである。決して、唯物論とか即物主義、可視至上主義とそれからもたらせられる結果のことではない。そうした定義からすると、日本という社会で、「科学」という言葉は大誤用されすぎだ。

 本書は、社会学という学問に関してテーマに真摯に臨んでおり、「科学」本来の意味に即した、れっきとした科学書である。非科学的と批判するにはあたらず、逆にそうした論を声高に唱える姿勢そのものが非科学的であると指摘したい。最後まで、当レビューを読んでくれた方へ。読みにくい点はあることは確かですが、多くの人々に読んでほしいです。




   De_2


        上記に述べてある、不思議な体験信じます! 

          天然呆けの(珍念)何度も摩訶不思議な
          体験をしました。小欄の「不思議な話」に
           るる述べています。

« 人間の幸福や成功とは何か・・・? | トップページ | 笑顔 »