« 笑えない話 | トップページ | ヤマト運輸 »

カーテン

Photo_3


      英国のミステリーの女王アガサ・クリスティーは時に禁じ手にも
      見えるトリックで読者を驚かせた。死の前年の1975年に発表
      した『カーテン』では、長年のパートナーと言える名探偵ポアロ
      の死さえも描いている






◆死の直前に思い立ったアイデアではない。英国とナチス・ドイツの戦争が続いていた30数年前に書かれたもので、彼女の死後に刊行する予定だった。『そして誰もいなくなった』など名作が続いた時期に執筆しており、作家として脂が乗っていたころの意欲作が生前最後の発表作品となった形だ

◆彼女は亡くなるまでベストセラー作家であり続けた。晩年は書きためた原稿をクリスマスの時期に一つずつ新作として出し、ファンの期待に応えた。いい準備があったからこそ、いい終わり方ができたのだろう

◆気づけば、春を迎え、年度末となっている。定年退職を迎えたり、別の部署に変わる人もいるだろう。もう1カ月を切ったが、まだ時間があるとも言える。手帳を見るなど、やり残しはないかを振り返り、目の前の仕事を納得のいく形で終わってほしい

◆ポアロの死は現実の社会でも世界的なニュースとなった。死の直前は老いてやせ細っていたが、灰色の脳細胞で最後の難事件を大胆に解決した。幕が下りるその瞬間まで全力を尽くすことでカーテンコールの拍手は続く。【有明抄】

...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...

アガサ・クリスティー『カーテン』商品の説明 内容紹介

 ヘイスティングズは親友ポアロの招待で懐かしきスタイルズ荘を訪れた。老いて病床にある名探偵は、過去に起きた何のつながりもなさそうな五件の殺人事件を示す。その影に真犯人Xが存在する。しかもそのXはここ、スタイルズ荘にいるというのだ……全盛期に執筆され長らく封印されてきた衝撃の問題作。新訳決定版

トップカスタマーレビュー

もんくなく  投稿者  もちもちたん 

 素晴らしい。クリスティより多作な作家は多くいるがクリスティより全ての著書のレベルが高い推理作家はいないだろう。しかし、ひとつだけ。巻末の解説者、山田正紀氏(私はこのかたの本は読んだことがないが)の「犯人イコール戦争」というくだりは違うと言いたい。

 クリスティは持ち前の軽妙なユーモアをこのカーテンでさえも失ってはおらず決して戦争の陰惨さをイメージして書いたわけではないしそんな野暮なクリスティ作品は見たことがない(全編読んだ上で)山田氏曰くあまりクリスティを知らないと言い切っているので、できれば解説は的を射た発言のできる人に頼んで頂きたい。

今、読んでも実に新鮮。さすが、クリスティ!  投稿者  やじうま

 数々の難事件を解決したエルキュールポアロが、55年の時を経て再びスタイルズ荘にやってきた。 今回は“まだ起こらない事件”がテーマ。 犯人も被害者も誰なのか分からないのがミソ。 老齢のため身体が不自由なポアロに代わり、ヘイスティングスが目となり耳となって捜査にあたる。不思議な事件の連鎖の裏にあるもの何か!?

 「スタイルズ荘事件」で作家としてデビューしたクリスティが、ポアロが初登場したこの場所を、ポアロ最後の事件として再び選んだことが、その思い入れの深さを表している。55年ぶりに戻ったポアロは、心臓病で車椅子でしか移動できない。 相棒のヘイスティングスは妻を亡くし、娘のジュディスとともにポアロの招待に応じてスタイルズ荘にやってくる。限られた人数によって演じられる、舞台劇のような緊迫の時間が過ぎてゆく。

恐るべきミステリ  投稿者  Z  VINE メンバー

 発表はクリスティーの死の直前の1975年ですが、本書が執筆されたのは1930年代だというのは有名な話。だとすると、その時代に、このテーマで、この犯人って、凄過ぎる。いや、70年代半ばでもけっこう斬新なアイデアですけど。

 まともにネタ割れになるので書けませんが、この凄さはぜひ読んで、感じてみてください。ちなみに「ポアロ最後の事件」についてのことではないですからね。ああ、じれったい(笑)

 1


      『百聞は一見に如かず』 投稿者 コタロウ




« 笑えない話 | トップページ | ヤマト運輸 »