« アンデルセンの「影法師」 | トップページ | 近未来 (@_@;) »

「コンビニ人間」 (#^.^#)

Photo_2


          「コンビニ人間」で昨夏の芥川賞を受けた作家、村田沙耶香
          さんが大切にする言葉がある。「小説家は楽譜を書いてい読
          者はその楽譜を演奏してくれる演奏家だ」芥川賞作家の先輩
          宮原昭夫氏から小説の作法を教わった時の言葉という







▲それは学生時代の村田さんに小説を書き続けさせてくれた言葉だった。それから十数年、芥川賞受賞作は世間の常識から孤立しながらコンビニという職場の「正常な部品」となるのを生きがいとする30代女性の小説である

▲山梨県立韮崎高校2年の野澤夏枝(のざわなつえ)さんが書店で「コンビニ人間」を手に取ったのは、初めて芥川賞受賞作を読んでみたかったのと、コンビニというよく知る世界の題名にひかれてだった。すると本の帯に「普通とは何か?」とある。ちょっとドキンとして読み始めた

▲野澤さんの読書感想文「私であるために」は第62回青少年読書感想文全国コンクールの高等学校の部で毎日新聞社賞を受けた。数年前から自分の「普通さ」に居心地の悪さを感じ始めていた野澤さんには、世間が強いる「普通」に振り回される主人公が興味深かった

▲物語の細部も印象に残った。「狭い環境にいるとみんなが似てくるとか、規則なんか無視する男が実は世間に順応したがっているとか、こういうのあるあるって感じでした」。風変わりな虚構の物語だからこそ描き出せるこの世の人間の真実があるのがよく分かった

▲小説という譜面から物語を演奏し終えた野澤さんはあるがままの自分に少し自信をもてた気がした。将来の夢は建築家、受験勉強もせねばならないが、読書による物語の演奏はこれからも続ける。【余禄】

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★゜・。。・゜゜・。。・゜

「コンビニ人間」商品の説明 内容紹介

第155回芥川賞受賞作! 36歳未婚女性、古倉恵子。

大学卒業後も就職せず、コンビニのバイトは18年目。これまで彼氏なし。
オープン当初からスマイルマート日色駅前店で働き続け、変わりゆくメンバーを見送りながら、店長は8人目だ。日々食べるのはコンビニ食、夢の中でもコンビニのレジを打ち、 清潔なコンビニの風景と「いらっしゃいませ!」の掛け声が、毎日の安らかな眠りをもたらしてくれる。

  仕事も家庭もある同窓生たちからどんなに不思議がられても、完璧なマニュアルの存在するコンビニこそが、私を世界の正常な「部品」にしてくれる――。

ある日、婚活目的の新入り男性、白羽がやってきて、そんなコンビニ的生き方は「恥ずかしくないのか」とつきつけられるが……。現代の実存を問い、正常と異常の境目がゆらぐ衝撃のリアリズム小説。

Photo_3


               ■毎日新聞社賞 ◆「コンビニ人間」を読んで! 

              「夢に対して積極的に」 野澤夏枝さん


 ◆作品が芥川賞を受賞し話題に上っていたことをきっかけに、書店で本を手に取った。物語は、主人公がコンビニエンスストアのアルバイトを18年間続ける中で働きがいを感じ、輝く姿が描かれている。3日かけて読破。「このままの自分で良いんだ、と自信が持てるようになった」と思ったという。

 ◆本では、一つ一つの仕事に向き合い、取り組む主人公の姿が描かれる。その姿は、休日になると配合にこだわったパンやお菓子作りなどの趣味に没頭する自分自身と重なった。

 ◆小学生の頃から読書好き。主に物語を読むことが多く、現在も時間がある時に、高校の図書館に行き、タイトルに興味を抱いた本を読む。受賞を知った時は、「人ごとみたいだった」。両親も「快挙だね」と喜んでくれたという。

 ◆本を読んだ後、「一番好きなことができる生活は幸せ」と感じるようになった。大学受験を来年度に控える。「建築系に進学し、1人暮らしをする夢に対してももっと積極的になろうと思えた」と語った。

生きづらい人も、そうでない人も読んでほしい 投稿者  sasami

 なんで結婚しないの?子供産まないの?男なのに正社員じゃないの?友達いないの?作ったほうがいいよ。「普通」じゃないからと、こんな無礼な質問をされた経験のある人は多いと思います。そんな人には、この本は共感に次ぐ共感。私の過去をなんで知ってるの?ってレベルだと思います。

 私はこの主人公ほどではありませんがやはり「普通」ではなく、今までずっと世間に対して感じてきた言葉にできない気持ち悪さを代わりに文章にしてくれたような作品でした。同級生とのBBQやバックヤードでの会話での居心地の悪さ、読んでいながら鳥肌立ちそうな嫌悪感は体験した人じゃないと分かりません。よくここまでリアルに書けたなと感心すらしてしまいます。

 というわけで、「普通じゃない」と世間から排除されてきた人にオススメなのは勿論ですが、いわゆる普通な人で世間と上手く馴染んで幸せにやってきた人にも読んでもらいたいです。いつも何気なくぶつけている遠慮のない質問が、相手をどんな気持ちにさせているか、少しでも想像するきっかけになったら良いなと思います。

Bouzus1 


     村田沙耶香さん、 野澤夏枝さん・・・は、素敵な人ですね!

     斯く言う【珍念) 『論語読みの論語知らず』・・・・・・。

     これ以上は【蛇足】

« アンデルセンの「影法師」 | トップページ | 近未来 (@_@;) »