« また会う日まで | トップページ | 「コンビニ人間」 (#^.^#) »

アンデルセンの「影法師」

        Anderusenデンマークの童話作家、アンデルセンの「影法師」は気味の
       悪い物語だ。若い学者が自分の影をなくしてしまう。影はや
        がて元の主人である学者より地位や財力を得た人間として
       戻ってくる。主人と影の立場は逆転し、学者は命を奪われる。
       影とうまく付き合わないと身を滅ぼす





▲影とは人間の心に潜む闇を映し出したものかもしれない。それは社会の中にもあるだろう。昨秋、アンデルセン文学賞を受賞した村上春樹さんはこの物語を引用してスピーチした。「全ての社会と国家にも影があり、向き合わなければならない。われわれは影から目を背けがちで、排除しようとさえする」

▲トランプ米大統領の場合、自身の影を見ようともしない。全て自分が正しい。排外主義的な政策に批判が集まっても意に介さない。トランプ氏の発言は中東情勢も不安定化させかねない。イスラエルとパレスチナが帰属を争うエルサレムへの米大使館移転構想もその一つだ

▲村上さんは8年前、そのエルサレムで文学賞を受賞し、現地で講演した。体制を「壁」、個人を「卵」に例えて「私は常に卵の側に立つ」と述べ、反響を呼んだ

▲イスラエル軍によるパレスチナ自治区への攻撃で1000人以上が死亡した直後のことだった。受賞すべきか自分に問いかけた末、あえてイスラエルの「影」に触れた

▲村上さんはアンデルセン賞のスピーチでこうも述べている。「影と向き合わなければ、いつか影はもっと強大になって戻ってくるだろう」。安倍晋三首相は今週末、トランプ氏との初の首脳会談に臨む。大きくなる米国の影に言及するのか、あるいは目を背けるのか。【余禄】

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

「影法師」 商品の説明  内容(「BOOK」データベースより)

◆暑い国で、学者の「影」は一人歩きをはじめ、やがて恐ろしい結末へ。「影」とは果たして何者なのか、本当は何を見てきたのか…アンデルセンの作品中もっとも解釈の分かれる異色作を、デンマーク語からの新訳でおくる。

トップカスタマーレビュー

面白い大人向けアンデルセン 投稿者  はけの道   

◆ 独り住まいをしていると、夜など、ふと自分の影などに、脅えて見たりするのもである。これはそう云った、怖いおとぎ話である。暑い国にやって来た、或る学者の「影」が、ある晩、学者から離れ、隣の娘の部屋へ行ったきり帰ってきません。

学者は他の国へ行き、数年後、金持ちの人間の服装で、学者と再会して、言うには「私と一緒に旅をし欲しい」と。....で主従転向で出発するのだが...。終りには「影」が、学者を殺す事になる。何か、現代の世相をも、暗示させる恐ろしい、おとぎ話である。

本当のアンデルセンを 投稿者  moripu 

◆あなたの知らないアンデルセン…という副題が気になって手に取りました。読んで納得です。確かに昔読んだ、子供向けに書き直された「アンデルセン童話」とはぜんぜん違った趣でした。

アンデルセンがグリム兄弟とは違って、「収集作家」ではなく「創作作家」だということも初めて知りました。この「影」はシリーズ4冊の中で、イラストレーションも内容も一番気に入っています。


Futatu_2


   「万物の霊長」人間の光と影 
投稿者 珍念










 ある家を、宝石で身を飾った美しい女性が訪れて語る。「私は、行く所どこでも、金銀などの財宝を与える」と。主人は喜び迎え入れようとする。ところが、門外には、もう一人の女性が立っていた。先の女性とは反対に醜い容貌で、衣服も綻び垢に染まっている。

 青白い顔で「私は、行く所どこでも、その家の財宝を衰え失わせる」と。主人は刀を抜いて追い払おうとした。しかし、美しい女性は姉で、醜い女性は妹だという。ともに行動し常に離れることがないという二人を、主人はついに去らせた。 

「釈尊の涅槃経に出てくる逸話です」。

 ここに登場する姉は「生」妹は「死(老・病)」を譬えたものです。生ある限り、老・病・死から免れることは出来ません。凡夫は生(姉)のみ愛して執着し、老・病・死(妹)を厭い嫌う。その結果、かえって死の不安・恐怖にとらわれ生を充実させることができないと、釈尊は教える。

 苦悩に出会ったとき、それを自らの人格を深め飛躍するバネとして行く前向きな姿勢で臨むか、それとも単に苦悩に打ちひしがえるだけか。その生き方の”差”は労苦・病苦そして死苦という現実に直面したとき、より明確になってくる。

 そうそう・・・誇大妄想狂の(珍念)突飛な考えが浮かぶ「ときは今 雨が滴る 皐月かな」明智光秀が京都愛宕山で詠んだ。意味深な歌ですが、ことの是非はありますが・・・・

 悪魔と天使は私たちの心の中に住んでいる。
「善と悪」二つの心がいっも綱引きしている一番恐ろしいのは人間。尊いのも人間なのだ。
 斯く言う(珍念)のコメントは『支離滅裂』お笑い下され~い (A;´・ω・)アセアセ

« また会う日まで | トップページ | 「コンビニ人間」 (#^.^#) »