« 「雪」 | トップページ | スピーチ »

「人工知能の将来」

Tinou_2


           新年以降の全国紙をチェックしてみたが、人工知能
           の将来に対する問題意識がかなり共通していた。











 ▼コンピューターが発達すると、人間生活、特に雇用にどんな影響が出るかは深刻な懸念だ。将来、コンピューターがあらゆる面で人間の知能を上回れば、人間は完全に支配されるのでは、という不安もある。

 ▼現実に将棋や囲碁では、コンピューターが人間を打ち負かした。宅配用小型無人ヘリはすでに実用化段階だ。車の自動運転も視野に入り、トヨタ自動車は最近、人間の感情を読み取る人工知能搭載の試作車を発表した。車メーカーは「人工知能車戦国時代」に入ったといわれる。

 ▼人工知能が人間の知能を超える時を「技術的特異点」と呼ぶそうだ。そこから先は予測不可能な大激変の世界。人工知能が自分より賢い知能を作りそれを連鎖させると、知能の爆発的な進化が起こるという。今から30年足らずで特異点を超えると予見する未来学者もいる。

 ▼その過程でサービス業はもちろん、ホワイトカラーの半数くらいはロボットに職を奪われるそうだ。そうなると、ロボットを使う人とそれに使われる人に二分される。その決め手は教育で、本質を考え、深く思考する訓練が肝要だ。暗記中心では人工知能に勝てない。

 ▼現在、新聞や本のない家庭が多いらしい。スマホを使った短い情報の交換だけでは思考力は養えない、という国立情報学研究所・新井紀子教授の指摘が重い。【水鉄砲】

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆ 

「人工知能とは」 商品の説明 :内容紹介 人工知能って、いったい何ですか?
 人工知能学会の歴代会長を含む人工知能研究の権威が答えます! !

 今話題の深層学習(ディープラーニング)で注目されている機械学習など、人工知能分野で最先端の研究を行う研究者13人が、人工知能学会誌に連載したものを大幅に加筆修正した。

  研究者として自ら「人工知能とは何か」の再定義を行い、それをふまえて、各研究について一般読者に伝わるようにシッカリと解説を行っている。人工知能に興味のある読者はもちろん、知能、認知、脳科学、人間、哲学などに関心のある読者は必読必携である。13人の紙面上でのキャッチボールが示唆に富んでおり、読んでいてとにかく面白い! !

トップカスタマーレビュー

ディープラーニングについてもわかり易く解説  投稿者  エンドルフィン

 著者は、東京大学大学院工学系研究科技術経営戦略学専攻特任准教授をされている松尾豊さん。人工知能学会誌の編集委員長を2012年から2年間務めてもいる。グーグルが開発したAlphaGoが韓国の囲碁の世界チャンピオンに4勝1敗で勝利をおさめて、いっぺんに人工知能とディープラーニングが注目を集めました。そんなところへ、IBMのWatson Summit 2016へ行ったこともあって、ますます関心を持ったしだいです。

 人工知能の研究は、人工知能には過去2回のブームがあったそうだが、そういえば、私の記憶でも、エキスパートシステムなんて言っていた時代がありましたね。ディープラーニングについてもわかり易く解説されている。それまで、画像認識というタスクで機械学習を用いることは常識であったが、機械学習の際に用いる特徴量の設計は、人間の仕事であったそうだ。各研究機関はコンマ何%の精度でエラー率を下げるために、しのぎを削り、そのため、画像の中のこういう特徴に注目するとエラー率が下がるのではないかと試行錯誤を重ねてきた。

 ところが、2012年に初参加したトロント大学は、ほかの人工知能を10ポイント以上引き離して、文字通り、桁違いの勝利をした。ここで使われたのが、ディープラーニングで、データをもとに、コンピュータが自ら特徴量を作り出す。人工知能研究における50年来のブレークスルーだそうだ。このディープラーニングについても分かりやすい例を挙げて解説がしてある。

 実例で挙げられているのは、チームの中で、1人にだけ、ある日の日本全国47都道府県の天気が知らされる。これをもう1人のチームメンバーに伝え、その人が47都道府県の天気のうち、何個を正確に答えられるかを競うというもの。

 ポイントは日本全国のうち10ヶ所の天気だけを伝えることができ、その10ヶ所の天気をもとに、もう1人は47ヶ所の天気を予想するのだ。このとき、コンピュータはデータ間の相関関係を分析することで、地理的なまとまりを勝手に見つけることができる。ただ、このことからAlphaGoがなぜ強かったかを理解するのは難しいけれどね。

 なんと言っても、皆さんが関心のあるのは、いわゆるシンギュラリティ(技術的特異点:人工知能が自分の能力を超える人工知能を自ら生み出せるようななる時点を指す)が本当に来るかということですよね。つまり、ターミネーターの世界ですね。事実、いろいろ心配して発言している方もいます。それについては、

 自らを維持し、複製できるような生命ができて初めて、自らを保存したいという欲求、自らの複製を増やしたいという欲求が出てくる。それが「征服したい」というような意思につながる。生命の話を抜きにして、人工知能が勝手に意志を持ち始めるかもと危惧するのは滑稽である。映画『ターミネーター』のような世界観は、なじみがあるものではあっても、そうなる科学的根拠は乏しいと言わざるを得ない。と書かれている。そうあって欲しいものです。

Photo


   かく言う(珍念)『君の引用はたくさんだ、自分の言葉で述べた
   まえ』の声が仄かに聞こえる。

   このままでは あの世で(閻魔さま)から叱られる。
   今日も灰色の脳細胞は冴えません・・・( ^ω^)おっおっお





« 「雪」 | トップページ | スピーチ »