« 人工知能(AI)怖い | トップページ | 「動物虐待」を言うなら »

瞳に映るのは? スマホで狙われるピースサイン

Me












   太宰治の『雪の夜の話』という作品に、人間の目玉の話が出てくる。 デンマークの医師が、若い水夫の水死体を解剖すると、網膜に美い一家団欒(だんらん)の光景が残されていた。友人の小説家はこう推理する。

 ▼船の難破で海に投げ出された水夫が、無我夢中でしがみついたのは灯台の窓際だった。窓の中をのぞくと、灯台守の一家がつつましくも楽しい夕食を始めようとしていた。ここで自分が助けを求めて叫んだら、一家の団欒がめちゃくちゃになる。そう思った瞬間指先の力が抜け、水夫は波に呑(の)まれてしまったというのだ。

 ▼刑事事件の被害者の瞳に残っていたのは、そんな美しい光景ではない。徳島県警が押収した容疑者のスマートフォンには、被害者の顔写真が保存されていた。画像編集ソフトを使って瞳の部分を拡大してみると、スマホを構えている容疑者の姿が浮かび上がってきた。これが容疑者の犯行を裏付ける、重要な証拠となったという。県警鑑識課のお手柄である。
 
  ▼鑑識課の仕事といえば、指紋の採取と鑑定のイメージが強い。指紋は犯罪捜査に使われるだけではない。スマホやパソコンのロック解除や金融サービスを受ける際、指一本で本人確認できる便利さが重宝されている。

 ▼その指紋が今、インターネット上で狙われているらしい。スマホで投稿されたピースサインの写真から、指紋の紋様を読み取り、悪用される可能性が指摘されている。やはり、人によって模様が異なっている瞳の虹彩も、個人認証に利用される機会が増えてきた。つまり、画像解析の技術が進めば、瞳も危険にさらされる恐れがある。

 ▼顔写真から人間の目玉が盗まれ、本人に成り代わって悪事を働く。そんな恐ろしい事件が、これから起こりうる。【産経抄】

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

Me_2
     『油断大敵
』・・目玉に注意!


 太宰治の『雪の夜の話』この前、読みました! 読者の皆さまへ、気が向かれましたら、お読み下さい。 【百聞は一見に如かず】 o(*^▽^*)o

« 人工知能(AI)怖い | トップページ | 「動物虐待」を言うなら »