« 「分かち合い」 | トップページ | 伊達直人とあしながさん »

『十二月八日』

Photo


           「きょうの日記は特別に、ていねいに書いて置きましょう」と
           書き出す、太宰治の短編小説『十二月八日』。ある主婦を主
           人公に、真珠湾攻撃の一日を丹念につづる。「ああ、誰かと
           うんと戦争の話をしたい。やりましたわね、いよいよはじまっ
            たのねえ、なんて」








◆早朝、赤ん坊に授乳しているとラジオから大本営発表が流れてくる。「しめ切った雨戸のすきまから、まっくらな私の部屋に、光のさし込むように強くあざやかに聞こえた」「日本も、けさから、ちがう日本になったのだ」。開戦直後の高揚感にあふれている

◆それもつかの間、戦局は暗転し、日本は惨めな敗戦へと突き進んでゆく。東京をはじめとする全国各地への空襲、沖縄戦、そして広島、長崎への原爆投下-。そのシナリオの発端は1941年12月8日、真珠湾への奇襲攻撃だった

◆今年5月、米国のオバマ大統領が広島を訪れた。直接の謝罪の言葉はなくとも、かつて戦火を交えた両国が戦後に区切りをつけ、未来へと歩もうというメッセージは明確だった。オバマ氏の広島訪問に応えるように、今度は安倍晋三首相がハワイへと向かう

◆真珠湾は米国人にとって屈辱の象徴であり続けてきた。広島に続いて、真珠湾で恩讐を越える、75年を隔てた和解の日。その瞬間を日記に書き付けられる平和をかみしめる。【有明抄】

:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

『十二月八日』 トップカスタマーレビュー

巻末に解説くらいは 投稿者  tenbun 

太宰治が戦時下に戦争に関して書いた著作を集めたもの。収録作品は以下の8編。十二月八日花火決戦下に於ける学徒に望む。散華「惜別」の意図 惜別 十五年間未帰還の友に「決戦下に於ける学徒に望む」と「「惜別」の意図」は小説ではありません。デビュー前にも習作として「花火」という題名で書いていますが関連はありません。

全文削除を命じられたという「花火」は、戦後は「日の出前」と改題し発表されていますので、別段めずらしい作品というわけでもありません。戦争に関しての、いわゆる選集ですが、巻末に解説もなく、ただテキストをまとめただけの本作りにはなにか無愛想な感じを持ちました。
   

 戦時中も作家は書かねばいられなかった 投稿者  こみっちゃん

◆50年以上も前から太宰の作品が好きで、たいてい読んでいると思っていましたが、新聞の広告でこの著作集を知ってすぐに購入しました。この作者の文体も読み慣れていたので、読みやすかったです。魯迅についての記述、長い作品ですが胸を打たれます。どんな境遇にあっても真剣に生きる人の美しさ…心があらわれます。

◆他の短編は必ずしも作者の書きたいものではなかったのではないか、戦時下であることで心に沿わない主題も書かねばならなかったのではないかという気がして、私の思い込みかもしれないが、痛々しい気がしました。

 

 Photo_2
       珍念の脳裏に(ユネスコ憲章)が思い浮かぶ

       
ユネスコ憲章(前文) この憲章の当事国政府は、
       この国民に代わって次のとおり宣言する。


戦争は人の心の中で生まれるものであるから、人の心の中に平和のとりでを築かなければならない。

 相互の風習と生活を知らないことは、人類の歴史を通じて世界の諸人民の間に疑惑と不信を起こした共通の原因であり、この疑惑と不信の為に、諸人民の不一致があまりにもしばしば戦争となった。

 ここに終わりを告げた恐るべき大戦争は、人間の尊厳・平等・相互の尊重という民主主義の原理を否認し、これらの原理の代りに、無知と偏見を通じて人種の不平等という教養を広めることによって可能にされた戦争であった。

文化の広い普及と正義・自由・平和のための人類の教育とは、人間の尊厳に欠くことのできないものであり、 かつ、すべての国民が相互の援助及び相互の関心の精神を持って、果たさなければならない神聖な義務である。

政府の政治的及び経済的取り決めのみに基づく平和は、世界の諸人民の、一致した、しかも永続する誠実な支持を確保できる平和ではない。よって、平和が失われないためには、人類の知的及び精神的連帯の上に築かれなければならない。

 これらの理由によって、この憲章の当事国は、すべての人に教育の十分で平和な機会が与えられ、客観的真理が拘束を受けずに研究され、かつ、思想と知識が自由に交換されるべきことを信じて、その国民の間における伝達の方法を用いることに一致し及び決意している。

 その結果、当事国は、世界の諸人民の教育、科学及び文化上の関係を通じて、国際連合の設立の目的であり、かつ、その憲章が宣言している国際平和と人類の共通の福祉という目的を促進するために、ここに国際連合教育科学文化機関を創設する。

 斯く言う(珍念)『論語読みの論語知らず』・・・・(A;´・ω・)アセアセ

« 「分かち合い」 | トップページ | 伊達直人とあしながさん »