« 心の闇 | トップページ | 相手を思いやる気遣い »

勝ち過ぎた監督

Photo


             広島に続き、北海道が盛り上がっている。
             プロ野球のパ・リーグは大逆転で日本ハム
             が制した。常識外れと批判されながらも大谷
             翔平選手の“投打二刀流”を貫き続けた栗山
             英樹監督の手腕が光ったといえよう







◆道産子を熱狂させたチームは過去にもある。2004年の夏の甲子園で初の優勝旗をつかんだ駒大苫小牧高だ。佐賀商高OBで、当時の監督香田誉士史(よしふみ)さんの13年間を描いた『勝ち過ぎた監督-駒大苫小牧幻の三連覇』(中村計著)が刊行された。理にかなった熱血指導で選手たちが成長する物語だ

◆ライバル校は「九州出身なので北海道の概念にとらわれなかった」と香田さんを評した。真冬の氷点下のグラウンドでも雪をかき分け、ノックや打撃練習を続けた。「やってみなければ分からん」が口癖で次々と新しい練習を試した。メジャーで活躍する田中将大投手は練習風景を見て兵庫県から入学した

◆本のタイトルから想像できるように全国制覇後の苦悩も描いている。元部員らの不祥事が続き、苫小牧の“春”は短かった。田中投手卒業の翌年に監督を辞め、今は社会人野球のコーチを務める

◆練習で得た自信で強敵相手にひるまず、競り勝ってきたのが香田さんの野球だった。もう一度、甲子園で見たい。まだ45歳。球児と一緒に理想の野球をつくる時間は十分あると思う。【有明抄】

♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:




Photo_2
                   勝ちに不思議な勝ちあり
                   負けに不思議な負けなし-

                    松浦静山の名言・格言 -




『勝ち過ぎた監督-駒大苫小牧幻の三連覇』 商品の説明 内容紹介

「大旗は白河の堰を越えない」「雪国の高校は甲子園で勝てない」
高校野球界における暗黙の常識を、派手に打ち破った一人の監督がいた。
二〇〇四~六年、駒大苫小牧を連覇へ導き、三連覇に王手を掛けた男。香田誉士史。三十五歳の若さだった。

降雨ノーゲームから、再試合で屈辱の敗戦を喫した03年。北海道勢初の全国制覇を果たした04年。驚異の夏連覇、05年。そして、田中将大と斎藤佑樹の投げ合いが異例の決勝再試合となった06年……。香田がいる甲子園には、常にドラマがあった。

だが、甲子園における駒大苫小牧の活躍は、香田に苦難の日々の始まりを告げた。
優勝後の大フィーバーが、香田の心を少しずつ蝕む。そして夏連覇を果たした直後の暴力、飲酒事件という悪夢……。

三連覇が幻となった翌年、香田はチームを追われた。高校野球史上最も有名な監督は、
満身創痍のまま表舞台から姿を消した。球史に残る監督、栄光と挫折の舞台裏を長期に亘る丹念な取材で解き明かしたノンフィクション。

トップカスタマーレビュー

笑いあり、涙ありの人間ドラマに心打たれました  投稿者  jalan

野球に興味があるわけでもないのですが、夏の甲子園が始まり、たまたま手にしたら面白く止まらない!決して強くもない北海道の高校野球監督を任され、様々な困難を乗り越えて甲子園3連覇を成し遂げたら,その後もまた苦難が……と、とっても簡単に言えばそういう内容ですが、その高校が、今では大活躍の田中将大投手の出身高校、駒場大学付属苫小牧高校の話。

高校野球を知っている人であれば、その裏事情に興味津々で読めること間違いなし。
高校野球に興味のない人でも、少しでも人をまとめていかなけれればならない立場にある人には理解できる苦悩が、赤裸々すぎるほど記載されており、身につまされます。勝ち続けることの難しさ、勝つことによって失うものの多さとつらさ。

勝ち過ぎた監督、香田誉士史さんのあまりにもストレートな性格ゆえの葛藤が、とても心に響きます。こういうまっすぐな人にこそ教育現場にいて欲しいし、ぜひ高校野球に戻ってきていただき、甲子園で香田監督の姿を見てみたいと思いました。

400ページちょっとあるので、正直、買うのは少し躊躇しましたが、笑いあり、涙ありでとても読みやすく、読んだあとには酷暑の中でも清涼感が味わえると思いますので、おすすめです。

最後まで面倒見れる最後の代です  投稿者  Amazon カスタマー

北海道住みだけど、知り合いの中学教師が教え子を駒大苫小牧に入学させるとき、「最後まで面倒見れる最後の代になる」って言われたの思い出した。色々難しいことがあるのは聞いていたが、中身が生々しくて正直読むことに疲れた。

文中に「孝介は俺を超えられない」って言葉があったが、その通りだと思うわ。今の駒大苫小牧は香田のやり方を模倣しているだけで、佐々木自身も甲子園優勝という冠に今だに酔っているように見える。あの三年間は良くも悪くも香田監督あっての「駒苫」だった。彼でなくてはできなかったのだ。

今の立ち位置は、ちょっと強い地元の私立に成り下がっている。もう以前のチームには届かないことを選手も周りも気づき始めている。

一言居士の珍念 『足を滑らすとも口を滑らすな』の名言を、肝に銘じたい。 (*´v゚*)ゞ

« 心の闇 | トップページ | 相手を思いやる気遣い »