« 「創業は易く守成は難し」 | トップページ | 風見章子さんに思いをはせる »

ユーモア

Kennsiki


               小説家の故阿川弘之さんが「大人の見識」(新潮新書)
               で紹介している。英国議会でイングランド出身議員が
               演説し、スコットランド人を侮辱したという一幕である










▼「イングランドでは馬しか食わない燕麦(えんばく)を、スコットランドでは人間が食っている」。露骨な差別だったが、スコットランド出身議員の切り返しは見事だった

▼「おっしゃる通り。だからスコットランドの人間が優秀で、イングランドの馬が優秀なのです」。一触即発の場面でこの余裕、このユーモア。議場は爆笑となった

▼このところ続いた衆参予算委員会の質疑を聞いた。天皇陛下の生前退位、憲法改正、TPP、北方領土、年金問題など中身はおく。気になったのはとげとげしい声の応酬である

▼対決姿勢を強める野党委員が声高に追及すれば、安倍晋三首相も負けじと声を張り上げる。互いに激しい言葉で切りつけ血を流し合っているようで、見るに忍びない光景だった

▼ともに英国という連合王国を構成しながら、スコットランド人はイングランドを「仇敵(きゅうてき)」と呼ぶという。きまじめな日本の調子で論争すれば、大ごとになりかねない

英国人のユーモアは激突を和らげる緩衝材。大英帝国として数々の戦乱を経験した末に身に付けた知恵なのだろう。それはぜひ見習いたい。けれど遠慮したい難もある。まずいと評判の英国料理はちょっと…。 【越山若水】

...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо○**○оo





402


       このコラム『言い得て妙』・・・素晴らしい!





阿川弘之「大人の見識」(新潮新書) 商品の説明 内容(「BOOK」データベースより)

  軽躁なるものを勇豪とみるなかれ、かつて戦国の名将はそう戒めた。国を誤る指導者の愚があり、滅亡の淵から救い出した見識もあった。英国流の智恵とユーモア、フレキシビリティを何より重んじた海軍の想い出…、歴史の中へ喪われゆく日本人の美徳と倫理をあらためて問うとともに、作家生活六十年の見聞を温め、いかなる時代にも持すべき人間の叡智を語る。

トップカスタマーレビュー

忘れられた見識ある日本人 、育てたい日本人の見識   投稿者  ビブリオン 

◆せっかちを自認する著者が、肝に銘じている言葉、「急ぎのご用だからゆっくりやってくれ」という反語めいた言葉から、話は始まります。また本書の終わりの、最終ページには「温」の字が篆書で大きく白いページの中央に置かれています。論語の温故知新の温です。温故の温は、「ただ尋ねる」のではなく、「アタタメタズネル」と言いたくて孔子は温の字を使った筈だ。歴史を学ぶのも、にわか勉強で手早く片付けるのでは駄目だと孔子を借りて、著者は、じっくりと過去を考えない現代の風潮を批判しています。

◆白川静の説では、温のつくりは、皿の上の器中が温められて「熱気が充ちている」形だそうです。たしかに、本書には近代史の中での人間と歴史とを、時間をかけて熟慮した上で、鋭い眼差しで見る著者の「熱気」が感じられます。

◆日本人として見識があったと思われる言行を残した人たちを紹介しながら、海軍、英国、ユーモア、紳士、昭和天皇、武士道、論語などをめぐって、忘れられた日本人本来の見識のあり方に光があてられています。著者の意に反しているのかもしれませんが、俗説とは、ひと味違った見方が面白く、また文章の力もあり、一気に読めます。

◆英国人のユーモアの底にある自分を突き放せる生き方の話も面白かったのですが、僕には、特に昭和天皇と軍部との関わりの話が、一番興味深かった。軍部の横暴に抗した昭和天皇の人間性を、敬慕する著者の気持ちに大賛成です。

◆流行の「品位」もののようでもあり、江戸時代の「常山紀談」のようでもあります。86才でなお意気軒昂に、若い人の叡智を育てる参考にと、己の節をまげることなく、歯切れのいいエッセイを書かれていることに感心します。

ここに日本人あり   投稿者  よんでみてみ 

◆品格とか見識が問われる世の中のようです。それだけ世間に無品格とか非見識が横行しているのでしょうか。昔の人間から見れば、いつの世も軽くていい加減に映るのかもしれません。それでも、この著者の言葉にはいちいち頷かされてしまいます。いろいろなことをよくご存知です。川路左衛門尉が下僚に「これは急ぎだからゆっくりやってくれ」と言ったとか。おもしろいですねえ。深いですねえ。

◆英国人のユーモア、海軍のフレキシビリティ、昭和天皇への思い、最後に孔子について、それぞれ著者の秘めたる熱い胸の内が淡々と語られます。何だか心が洗われるような気分になりました。日本人だってなかなかやるじゃないかという気持ちも湧いてきました。頑固親父に怒られた後、なぜか元気が出てきたという感じです。

 これ以上は『蛇足』・・・・ モジモジ(。_。*)))

« 「創業は易く守成は難し」 | トップページ | 風見章子さんに思いをはせる »