« 勝ち過ぎた監督 | トップページ | 「帰ってきた-」 »

相手を思いやる気遣い

Takusi


   島根県の客を乗せた盛岡市のタクシーが、待ち合わせ場所の
   岩手公園で客とはぐれてしまった。合流できなかった乗客は列車
   の時間が迫っていたため、別のタクシーに乗って盛岡駅まで帰った 


▼乗客は、駅前の案内所に名刺と車代として千円を置いていた。しかし、タクシー代は640円。運転手は「自分の説明不足からお客さんに不愉快な思いをさせてしまった」と悔いる。おわびの手紙と釣り銭、リンゴ1箱を贈った

▼乗客は、この誠意にいたく感激したのだろう。当時の盛岡市長に礼状を送り、島根県の新聞でも「美しい岩手の心」として取り上げられた。前回の岩手国体であった話である。報告書にも掲載されている

▼正直で誠実な県民性は半世紀近くが経過しても変わるまい。国体本大会が始まった。競技のみならず、おもてなしもオール岩手で臨みたい。初めて岩手を訪れる選手、観客もいるだろう。第一印象は強く心に残る

▼県内では各団体が、おもてなしに工夫を凝らしている。タクシー業界では乗務員を対象に地区単位で講習会を開催。車内の整理やラジオの音量、エアコンの温度、標準語での会話など接客マナーを再確認した

▼一定のマニュアルは必要だが、予想外の事態も起こりうる。柔軟性や臨機応変さが必要な場面もあろう。相手を思いやる気遣いだけは忘れたくない。【風土計】

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★゜・。。・゜゜・。。

Po


     感動しました。
     これ以上は『蛇足』





« 勝ち過ぎた監督 | トップページ | 「帰ってきた-」 »