« スマホの将棋対局室持込禁止の衝撃 | トップページ | アンジェイ・ワイダさん »

キャリア 山口真由さん

Tensai


              東大首席の「法曹女子」 
              山口さんのスランプ克服法 
              元財務省で弁護士の山口真由さん







東京大学法学部を首席で卒業し、財務省を経て弁護士になった山口真由さん。
2015年にハーバード大学のロースクールに留学、オールAで修了した。
頭脳明晰(めいせき)でクールな女性と思いきや、本人は「挫折や失敗ばかり。
コンプレックスの塊です」と笑いながら答える。山口さんはどのように学び、
輝かしいキャリアを築いたのか。

■コンプレックスをバネに猛勉強

 「私は別に天才じゃないので、試験前にはいつも必死で勉強します。司法試験を受ける直前も1日に19時間30分勉強しました」。山口さんは屈託のない表情でこう語り、自分が「ガリ勉」であることを隠そうとしない。

 当時、睡眠はわずか3時間、3回の食事は20分ずつ、入浴に20分、唯一の楽しみは札幌市に暮らす母親との電話でのおしゃべりの10分間のみ。後はすべて法律の勉強に費やした。結果、東大3年生の時に司法試験に合格した。

 なぜこれほどのエネルギーを勉強に費やせるのか。山口さんは「コンプレックスの裏返し」と語る。小学校6年生の時に顔にニキビが多く、男子生徒からよくからかわれた。運動も得意ではない。跳び箱は4段を跳ぼうとしたときに手を骨折。ただ、勉強はやるだけ成果が上がったという。「学問は裏切らない、努力した分は伸びる」と悟った。

 北海道で医師の両親の元で育ったが、高校は東京都内の難関校、筑波大学付属高校に挑んだ。母親は東京への進学に反対したが、「反抗期の真っ最中だった。自分は東京でもやれる」と突っぱねたという。

 無事入学を果たしたものの、高校時代はつらかった。風邪をひいても誰も気づいてもくれない。コンプレックスにもさいなまれた。中学まで常に学年トップだったが、毎年多くの東大合格者を輩出する筑波大付属高校は秀才ぞろい。時に白い目で見られ、忘れ物をしたときには、ある男子生徒から「田舎者だからね」という意味のことを言われた。

 悔しくて夢中になって勉強した。東大に合格したが、母親から「私学でいいんじゃない」と諭された。「私はそんなモノじゃない」とまた反発、東大法学部の4年間はオール優。3年生で司法試験、4年で国家公務員1種試験を突破した。

 山口さんは「コンプレックスを持つことも悪いことじゃない。ネガティブパワーが一番強いから」という。

 コンプレックスをバネに勉強やスポーツにがんばる人は少なくない。しかし、山口さんの真骨頂は緩急のつけかたが巧みで、「勝利の方程式」を身につけていることだ。決して365日ガリ勉だったわけではない。暇なときには「1日中ボーッと過ごしたり、ゲームやファンタジー小説などに興じている」という。集中的に勉強するのはあくまでも一定の期間だ。

■独自の成長曲線 試験直前にスランプ

 山口さんには独自の「成長曲線」があるという。「勉強をスタートすると、最初はやる分伸びるが、その後フラットになる。そこであきらめずにがんばるとまた伸びる。問題は試験直前に必ずスランプになること。例えば、東大受験の時も模試でA判定をとれていたのが、C判定に落ちた」という。当然落ち込んだり、焦ったりする。ここであきらめれば、失敗する。

 しかし、山口さんは「スランプになるというのは、むしろ完成形に近づいている証拠」というプラス思考法を身につけたという。これで再びエンジンがかかる。集中力が高まり、スランプを克服。睡眠が3時間でも、勉強に没頭できるようになるという。

■睡眠3時間、幻聴も聞こえた

 この思考法を最初に意識したのは筑波大付属に挑んだ高校受験の時。以来、東大受験も司法試験もこのスランプ克服法で乗り切った。「睡眠3時間なんて本当は合理的な勉強法ではない。司法試験直前も幻聴が聞こえたし、効果的じゃない。ただこれだけやったんだから、と自分で納得できるようになる」と山口さんは話す。

 社会人になってもこの思考法は変わらない。昨年7月、ハーバード大ロースクールに入学。英語での読み書きに自信はあったが、話すのは苦手。「最初、まるで小学生のような扱いを受けた」とくじけそうになり、再びコンプレックスが襲った。そこで猛勉強が始まった。ハーバードの先生から「スピーキングはダメだが、あなたのリポートを読むとすごくロジカル」と評価され、プラス思考に転換した。1年のコースを修了して最優秀の成績を収めた。

 明朗快活な山口さん。しかし、「今もコンプレックスが強い。例えば英語で自分の考えをそのまま言葉で表現したいが、うまくいかない。根っから話すのは下手。将来は政治家とか、ビジネスではなく、やはりアカデミック分野で頑張りたい」という。

 コンプレックスを正のエネルギーに変換して集中的に学習、スランプ時にもプラス思考に転換するノウハウを身につけた山口さん。今後も数々の谷や山を越えて「成長曲線」を描いていきそうだ。

山口真由氏(やまぐち・まゆ)
1983年札幌市生まれ。2006年東京大学法学部を卒業、財務省に入省。08年退官、09年弁護士登録。2016年ハーバード大ロースクール修了。著書に『天才とは努力を続けられる人のことであり、それには方法論がある』(扶桑社)など。

♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;


:

           Dekiru


◆あと5kg痩せる」「今年こそは英語を話せるようになる」……と年明けに何かしらの目標を立てたものの、早くも挫折、全然継続できなかったという人、実は多いのではないでしょうか。いざ目標を立てても努力を継続するのは、なかなかできることではありません。そこで、東大首席卒業の美人弁護士として活躍中の山口真由氏に「効率的に努力を継続する方法」を教えていただきました。初の著書『天才とは努力を続けられる人のことであり、それには方法論がある』が話題を集める山口氏は、「効率的に努力をするには確かなメソッドがある」と断言します。

◆努力を継続するために私が一番、効果的だと考えるのは「努力の見える化」です。努力を続けていると、ふとした瞬間に「果たしてこの努力は報われるのか」と考えてしまうのは誰しもあること。そうした不安に一度、取り付かれてしまうと努力を完遂して、結果を出すことは容易ではありません。なので、それを避けることが何より大切。だからこそ、努力の形跡が目に見えることようにすることが継続の秘訣となるわけです。

◆具体的には、「道具を『ひとつ』にこだわる」「数字を正当に“偽造”する」という2つが、私自身が実際に取り組んでいる「見える化」の方法です。

◆まず、前者の「道具を『ひとつ』にこだわる」。これは主に勉強の際に使います。たとえば、勉強する際に必要となるペン。あえて目標達成のために使うものをひとつに絞ります、ペンなら高級な万年筆やシャーペンではなく、安いボールペンが最適です。それを徹底的に使うことで、ペンのインクが目に見えて減っていきます。そして、使い切ったあとは捨ててしまいましょう。

◆そうすることで、ペン1本分きっちり努力したことが目に見えて実感できるため続けることができるというわけです。もちろんノートも同じですし、例えばランニングを続けることが目標なら同じシューズを使い続ければ、その靴の消耗というかたちで自分の努力が見えます。あなたの目標を達成するためにたくさん使うものは何か。まずはそれを考えてみましょう。

◆そして、もうひとつ「数字を正当に“偽造”する」。こちらもある意味では、「見える化」の一種と言えます。たとえば、何かの参考書を毎日5ページ分読むという努力を続けていた場合、状況によってはこの「5ページ」というノルマに対して、「全然進んでいない」「ゴールはまだまだ先にある」といった不安感が募ることがあります。そうしたときは、視点を変えて文字数で考えてみると一気に印象が変わります。

◆1ページあたり600字ほどの本なら5ページで3000字。「毎日3000字ずつ参考書を読み込んでいる」と思えば、達成感が変わっていませんか? ダイエットも同様で「0.1kg痩せる」ではインパクトはイマイチでも「100g痩せる」だと着実に進んでいる気になります。それでも足りなければ、「100000mg痩せる」だと、凄くダイエットが捗っているように見えますよね。

◆努力を続けるためには確かな方法論が存在します。そして、ここで紹介したような本当にちょっとした発想の転換で、努力の継続と完遂は格段に難易度が下がるのです。今からでも遅くありません。一度は挫折してしまった目標と改めて向かい合ってみるのはいかがでしょうか? <TEXT/女子SPA!編集部>

402


       珍念のコメントは『蛇足』




« スマホの将棋対局室持込禁止の衝撃 | トップページ | アンジェイ・ワイダさん »