« 「Asada」と命名された天文学者 | トップページ | ロウソクの輝き »

「誤った信念」

Photo_2


           オーストリアの心理学者の幼児対象の実験である。
           人形劇でマクシという子が母親の買い物袋をあ
           ける手伝いをするところを幼児に見せる。マクシと
           母はチョコレートを<緑>の戸棚に入れた









▲マクシが遊びに出ると母親はケーキを作るためチョコを棚から出し、ちょっと使い<青>の戸棚にしまう。母親が卵を買いに出ると、マクシが遊びから戻ってきた−−ここで劇を見ている幼児らに質問だ。「マクシはチョコがどこにあると思っているでしょうか?」

▲3〜4歳児の大半は<青>の棚と答えた。<緑>なら、母親の行動を知らぬマクシの心の内を正しく推測できたことになる。それができたのは4歳以降だった。現実と違う他者の思い込みを推測するこの実験は「誤った信念」課題という(子安増生(こやすますお)著「心の理論」)

▲同じ種類の実験をチンパンジーやオランウータンなどで行った京大野生動物研究センターの狩野文浩(かのうふみひろ)特定助教らの研究である。人間と着ぐるみの類人猿役が争っている動画を用い、それを見る類人猿の目の動きを追って他者の「誤信念」を理解できるか否かを探った

▲結果を先の幼児の実験にたとえれば、40頭のうち20頭が<緑>の方を注視したということである。つまりは半数が人の3歳児よりも他者の思考を推し量る能力がある可能性を示すものだった。このような他者の心の状態を推測する心の機能は「心の理論」と呼ばれる

他人の心をくむ人の心の働きにも、はるか昔からの進化の道のりがあったことをうかがわせる類 人猿の心の理論だ。もしやそれが一転、退化へ向かってはいまいかと心配になる昨今の世相である。【余禄】

...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо○**○оo


Futatu


     ナヌ・「心の理論」・・・?
     幼稚な珍念に何方か
     分かりやすくご教示
     下され~い!



「心の理論」 商品の説明 内容紹介

 他人の心や行動が読めるのはなぜだろう.心が分かるとはどういうことなのだろう.人は行動の背景にある心について理論を構成し,次の行動を予測する.ではいつその理論を身につけるのか.動くものに感じ,見つめあい,分かちあって,人は心を育てていく.動物の心,機械の心,人の心をつなぐ新たなキーワード-心の理論.

トップカスタマーレビュー

心の理論ってなんだろう?   投稿者  カスタマー
 
 人の心がわかる。わかったつもりになる。あるいは全然わからない。 人々は日々、周りの人々の「心」に悩み喜び生きている。 どのような心の働きが、そのような人間関係の本質を支えているのだろうか? この本は、動物心理学や発達心理学のホットトピックスである心の理論について、過去の研究を丁寧に追い、わかりやすく解説した良書である。

Baron-Cohenに興味のある人は一読 投稿者  萩原 湖太郎 

 「心の理論」という概念について、Baron-Cohenやサセックス大学研究グループの研究を中心に紹介・解説する本。なんというか紹介本。Baron-Cohenに興味を持っている人は、薄い本なので最初に目を通しておくのがよいかも。

普段使わないでいる頭の筋肉が痛くなる感じの刺激的な書? 投稿者 はぐれ鳥
 
 近年注目されている心の理論という研究についての平易な解説本です。普段の私たちに身近にある生活や出来事を心の理論研究ならではの独自の切り口で解説していて、知的に楽しめます。難しい専門用語や数字もでてこないので、頭が良くなる気がする新聞の面白いコラム感覚で、このライブラリーにピッタリです。

 
自分の子供に試してしまいそう・・・投稿者  たつパパ 

 人間の赤ちゃんや動物に対する実験を通して「心を読む心」の発達過程を解説した本。中心となる考え方は「人は他人の行動の背景に『心』の働きを想定し、次の行動を予測している」というもの。

 興味深いのは「心の理論の機構」のくだり。「自分はある事実を知っているけど、他人がそれを知らないとき、他人が自分の期待とは異なる行動を取ることを理解できるか?」という「誤った信念課題」が、4-6歳になると有意に正答率が上がるという。

 小学校に入学する前の幼児が、ロボットでは到底実現せず、類人猿ですら限定的にしか持ち得ない高等なプログラムを獲得することがいかに不思議なことかを感じさせられる。

これ以上は『蛇足』・・・・( ^ω^)おっおっおっ

« 「Asada」と命名された天文学者 | トップページ | ロウソクの輝き »