« 「玄白版養生訓」 | トップページ | 生き物 (@_@;) »

「一礼に学ぶ」

 

Ojigi1


               先週、紹介したある教育者からのリポートに続き
               今週は西牟婁郡内のある小学校長からの便りを
               紹介したい。「一礼に学ぶ」の見出しで、A4の紙
               2枚に田辺・西牟婁小学校水泳大会で見掛けた
               光景が次のように記されていた。




 ▼「競技が始まる前に各選手が名前を呼ばれると、はいと返事し、一礼してからスタート位置につく」「しかし、競技が終わって退場する際、プールに向かって一礼をしていたのは、田辺市内の選手一人のほかは自分の学校の選手だけだった」と気付いた。

 ▼どうして礼をしたのか、学校に戻って子どもに聞くと、それぞれ「応援してくれたみんなに」「審判さんや係の人に」「一緒に競技した選手のみなさんに」「プールに」感謝して礼をしたという。

 ▼答えを聞いた校長は「担当教員の指導もあったと思いますが、感謝の気持ちは選手が自分で抱いたこと」「それは子どもたちが成長する過程で、保護者や先輩、地域社会そのものが育てたのではないか」と受け止め「子は親の鏡というけれども、地域の鏡でもあり、学校(教師)の鏡でもある。そのことをプールを上がってからの一礼に学ばせていただきました」と結んでいた。

 ▼情操豊かな子どもは、学校と保護者、同窓生、地域社会が一体となることで育まれる。あるいは、教える側も時には教わる側になると考える柔軟な感性が、指導者には必要ということでもあろう。授業を見学してみたくなった。 <水鉄砲> 

♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:


A2


       珍念のコメントは『蛇足』!
 


« 「玄白版養生訓」 | トップページ | 生き物 (@_@;) »