« 「つながらない権利」 | トップページ | 幸せの値段 »

「メタ認知」

      Tisui


       肩書や富を他人と比べて卑屈になったり、目先の成果を
       求めて策に走ったり。一つの事にのめり込むほど、視野
       が狭くなり、根本の目的を見失ってしまうのが人間の常である














▼「客観視」「俯瞰する眼」を心理学では「メタ認知」ともいうが、自身の行動を、別の視点から見たり、より長い時間軸の中で考えたりすることで、見えてくるものがある

▼1753年(宝暦3年)、徳川幕府は、濃尾平野を流れる木曽三川の氾濫を防ぐ工事を薩摩藩に命じた。費用も資材の調達も藩の負担。あまりにも理不尽な幕命に、藩内からは“反旗をかざそう”との意見も出た。しかし、工事の責任者を務めた家老・平田靱負の視点は違った。幕命の是非はともあれ、「水難に喘ぐ気の毒な現地の住民を救済」するのだと(坂口達夫著『宝暦治水・薩摩義士』春苑堂出版)。大目的を掲げ、衆議をまとめたのである

▼難工事は、人的にも経済的にも、藩の重荷となったが、幾多の困難を越えて完成した工事は、250年以上を経た今も、現地の人に感謝されている

▼大義を心に抱く人は、目先の艱難を忍ぶことができる。御書に「忍辱の鎧を著て」(502ページ)と仰せのように、自身と社会の幸福という大目的へ、試練を恐れず立ち向かう勇気と智慧を持ちたい。【名字の言】

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・★゜・。。・゜゜・。。・゜


0903kurichan


       感動しました。

       
斯く言う、(珍念) 論語読みの論語知らず』・・・。









« 「つながらない権利」 | トップページ | 幸せの値段 »