« 河井寬次郎没後50年 | トップページ | 『ダールさんってどんな人?』 »

はしたなきもの

Nagon


      清少納言は「枕草子」の123段で「はしたなきもの」
      に触れている。誰かが他人を呼んだのに、自分だと
      思って返事をする。何かをもらえると思っていたなら
      ばなおさら、決まりが悪い、と






▼下心が他人に見られたような恥ずかしさを覚えるからなのか。自分が実際に何かを受け取ることになっても、さもしさはないか、胸に手を当てて考える人もいるだろう

▼こちらのセンセイたちは、そんな謙虚さと無縁のようだ。富山市議会で公金が元である政務活動費の不正請求が相次いでいる。自民、民進系の7市議が辞職または辞意を表明し、補欠選挙に突入する異常事態となった

▼手口がすさまじい。業者から白紙の領収書をもらったり、数字を1けた多く書き加えたり。架空請求した分は飲食代や選挙資金などに消えたという。いやはや、怒りを通り越して情けなくなる。不正を犯した市議同士が領収書を点検していたというのも、悪い冗談にしか聞こえない。「赤信号、みんなで渡れば怖くない」とでも思ったのか

▼心理学者のル・ボンは、群集心理の4法則を唱えている。<道徳性の低下、暗示にかかりやすい、思考が単純になる、感情的になりやすい>。くだんの市議たちにも、あてはまりそうだ

▼清少納言が不祥事を知ったら、こう付け加えるかもしれない。「はしたなきもの、まつりごとのために与えたのに、自分のものだと思って使う」【卓上四季】

...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...

Do



    怒髪天を衝く!
    なに、
政務活動費、すべての議会で廃止すべきだ。
    猫に鰹節なのだ。高額な給料は半額にカットすべきだ。
    議員の数も多すぎないか?


    これ以上(吠えると)『窮鼠猫を噛む』

« 河井寬次郎没後50年 | トップページ | 『ダールさんってどんな人?』 »