« 隣国の独裁者 | トップページ | 厚化粧発言 »

国と国との交わり

Aokun


     米国の絵本作家レオ・レオーニの作品に「あおくんときいろちゃん」
     がある。あおくんはパパとママと住んでいて、お友達がたくさん。
        でも一番の仲良しはきいろちゃん







◆2人は遊んでいるうちに、楽しくなりすぎて、それぞれの色を混ぜ合わせた「みどり」になる。いざ、家に帰ると、どちらも「うちの子じゃない」と言われ、泣きに泣いて、流した涙があおくんときいろちゃんになった。でも最後はパパとママもいきさつを理解し喜び合う-

◆合わさって別の色になるところがミソだ。しかし、2人でつくる「みどりの時空」が輝くのは、それぞれの色の存在も、自分の色も大切にしてこそである。とても示唆的で友情の話でもあり、国と国の融和を暗示するものとも読める。近ごろの日中外交を見ていると、この話を思い出す

◆南シナ海問題を巡っての攻防はなかなかだ。海洋進出の動きを懸念しけん制する日本に対して中国は強気の姿勢を崩さず、すれ違い気味。加えて、きのう核実験を強行した北朝鮮に関しても日本は強く非難したのに、中国とはまだ温度差がある。どこかもどかしい

◆外交はぶれない姿勢が大切といわれる。日中それぞれが色を持っているから当然で、粘り強い対話で一歩でも前へ進ませることが肝心だろう。交わることで、別の輝く色を生み出せるのだから。【有明抄】

。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.


Tin


     政治や経済だけの関係では、どうしても力の論理
     利害の論理に流されてしまう。文化の交流、教育の
     交流こそ、人間と人間、民衆と民衆を揺るぎなく結び
     つけていく普遍的、永続的な力となる。 (池田大作) 





 学歴・財産・肩書き・等。何も身に着けていませんが、かって池田先生は
 『名もない 人達の中で心を打たれたと いわれる人生を 私は生きたい』と綴られた。
   不肖:(珍念)も、 斯く生きたい!

「あおくんときいろちゃん」 商品の説明 内容紹介

 絵の具で描かれた青や黄色のまるが生き生きと動きまわり、絵本ならではの夢と感動をもたらしてくれる。作者が孫のために作ったという人間愛あふれる絵本。

トップカスタマーレビュー

  あおくんの顔。  投稿者  garbanzo

 子供の頃、私はこの本を毎晩持って寝ていたそうです。
大人になってから再読してびっくり。私の記憶の中では、あおくんにもきいろくんにも目鼻も手足もあったのですが。のっぺらぼうじゃないですか!今まさに読み聞かせをしているお母様方。試みにお子さんにあおくん、きいろくんの絵を描かせてみては?私達が見ているのとは違う顔をしたあおくん、きいろくんがそこにあるかも。

  レオ・レオニの世界とであった記念すべき1冊   投稿者  タマシギ♀ 

 いまから20年近く前、母親になりたてだったころ、この本と出合いました。
シンプルな構成と色使いに、迷わず買った本でした。もちろんあおくんときいろちゃんに息子も夢中になり何十回読んであげたかわからないほどです。いまでもソラで文を言えるほど。

 シンプルな中にあたたかい「何か」が流れているのですね…こどもはちゃんとした形になったものだけを理解するのではなく、抽象化された形の中にも物語を見出す力があるのですね。親子でこの本のとりこになり、そしておもいっきりレオ・レオニの作品にはまりました。我家の息子たちはレオ・レオニの世界から「たいせつなもの」を学び取ってくれたように思います。  \( ^∇^)/θ☆ わ~い!

« 隣国の独裁者 | トップページ | 厚化粧発言 »