« 「病気をみて病人を診ない」 | トップページ | 「玄白版養生訓」 »

老化現象  ^_^;

3


                 名前が思い出せない。お年を重ねれば、どうしても
                 そういうことがあろう。わが身にも兆候がある。俳優
                 の名がなかなか思い出せない









▼こういう場合はあきらめてはならぬそうで、ア行からそれらしき名前を順に探るのだが、なかなか的中しない。ほら文学座の出身で俳句もやっていた。中村伸郎さんだった

▼取って付けたようだが、その中村さんが老化現象についてこんなエッセーを書いている。買い物に行こうとすると奥さんにどこに行くのかと聞かれた。「11PM」。そう答えた。コンビニの「セブン-イレブン」とかつてのテレビ番組の名と間違えたが、奥さんは奥さんで気がつかず、平気な顔で、「食パンを買ってきてください」と頼んだそうだ

▼続きがある。その「セブン-イレブン」の隣のたばこ店で中村さん、今度は「セブン-イレブンください」。店番のおばあさんは、黙って「セブンスター」を差し出した

▼昨日は敬老の日だった。悩んでいらっしゃる方を思えば、あまりのんきなことも言っていられぬが、なんと魅力的な会話か。ささいな間違いに角が立つでも混乱するでもなく、なんとなく話は成立し、誰も困っていない。それが老いによる緩やかさや気楽さのようなものだとすれば、一種の居心地の良さもあるだろう

▼「セブン-イレブンください」。老いへのおそれを軽くするおまじないかもしれない。【筆洗】

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

Ni


           このコラム『言い得て妙』
           
これ以上は『蛇足』



« 「病気をみて病人を診ない」 | トップページ | 「玄白版養生訓」 »