« 終戦の日 先人への礼欠かぬ和解を 「譲れぬ価値」再確認する時だ | トップページ | 勉強は何の役に立つ? »

昭恵夫人のもがきと挑戦

Photo_2

                不妊治療の連載を手掛けた時に、当事者の女性が
                話していた言葉が印象に残る。「金銭的・肉体的なつ
                らさよりも、精神的なプレッシャーの方がきつかった」
         








▼周りから「子どもはまだなの?」などの言葉はよくあること。外食をした時に子ども連れで食事をしている家族を見掛けると「夫に申し訳ないと思った」。彼女だけの責任ではないにもかかわらず、負い目を感じていた

▼不妊治療は心身共に女性に負担が偏りがちだ。晩婚化が進み、6人に1人が不妊治療の経験があるというデータもある

▼この人も同様の悩みを持ち、それを公に語ることに驚いた。安倍首相の妻・昭恵さん(54)である。不妊治療に通い、「嫁として失格だ」と言われたこともあったという。週刊誌AERAのインタビューに答えている

▼政治家一家の嫁として、プレッシャーは相当あっただろう。さらに少子化対策について「無理をして少子化対策をしたところで、はたして女性が生む動機につながるのか疑問です」と述べ、安倍首相の政策とは一線を画す発言をしている

▼昭恵夫人は米軍北部訓練場のヘリパッド建設で揺れる東村高江を訪れたり、反原発発言をしたり、居酒屋を経営したりと歴代の首相夫人とは異なる側面がある。あえて自分の意見を発信する背景に、昭恵夫人の“もがき”が垣間見える。その挑戦を見据えたい。<金口木舌>


♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:




Pa7
         このコラム『的を射る』・・・素晴らしい!
         すべての人々に、ヴォルテール(仏・哲学者)
         の言葉をお贈りします

 

『私はあなたの意見には反対だ。だがあなたがそれを主張する権利は命をかけて守る』


    1


      【コラム「金口木舌」の意味は?】








 ◆本紙の朝刊総合面コラム「金口木舌」について、読者から「どう読むのか」「どういう意味か」との問い合わせが、今年に入って数件あったので、説明したい。まず読み方について―。辞書によって「きんこうもくぜつ」「きんこうぼくぜつ」の二通りあるが、本紙では「きんこうもくぜつ」と読んでいる。

 ◆その意味は―。古代中国では、法令を発したり教えを示す時には、木鐸(舌=振り子=を木で作った金属製の鈴)を鳴らして、注意を喚起しながら触れ歩いたという。それから転じて、木鐸は「言論で社会を導く人、教育者」との意味を持つようになり、「社会の―」などと使われるようになった。その木鐸は別名「金口木舌」ともいった。

 ◆金口木舌の出典としては、揚子法言の学行篇に「天ノ道、仲尼ニ在ラズ、仲尼ハ説ヲ駕フル者ナリ、<中略>ソノ説ク所ヲツタエントセバ、即チ諸儒ヲシテ金口木舌ナラシクハナシ」とある。要約すると、「仲尼(孔子の字)の説く所を伝えようとしたら、儒学者たちは自ら金口木舌(伝道者)となる心構えが必要である」といった内容。

 一九一一(明治四十四)年九月一日付紙面から本紙コラムに使われるようになった。(読者相談室)

斯く言う(珍念)「金口木舌」を深く心に秘めて、邁進したい!

 

« 終戦の日 先人への礼欠かぬ和解を 「譲れぬ価値」再確認する時だ | トップページ | 勉強は何の役に立つ? »