« デジタル時代のうわさ話 | トップページ | 美人たちの悩みは理解されにくい… »

お父さんの仕事

Photo_2


Photo_3


 

  「関西創価小」児童が最優秀賞
  照喜納(てるきな)清美さん

  第33回「心に残る医療」体験記コンクール(主催=日本医師会、読売新聞社)の表彰式が7日、東京・大手町の読売新聞東京本社で開かれ、関西創価小学校(大阪。枚方市)の 照喜納清美さん(4年、写真)が小学生の部で、〝日本一〟の最優秀賞を受賞した。

同コンクールでは、より良い医療環境を目指し、患者やその家族の体験を募集。作品は医療従事者の目にも触れ、日本の医療向上のための資料になっている。

 照喜納さんは今回、「お父さんの仕事」と題し、昨年夏に父(整形外科医)の職場を見学を綴った。患者に寄り添い、懸命に治療する父の姿を通して、医者として働く尊い使命を伝えている。

 照喜納さんの将来の夢は「お父さんみたいなお医者さん」。
「そのために、勉強と読書を頑張っていきます」と元気に語った。(聖教新聞)

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

Photo_4


  「お父さんの仕事」素晴らしい内容ですが(著作権)に触れるので、ご紹介出来ません。

  「第33回「心に残る医療」体験記コンクール」へ・アクセス・お願い申し上げます。 そちらに、部門別の「最優秀賞」が、ご覧いただけます。

    これ以上は『蛇足』!

 

« デジタル時代のうわさ話 | トップページ | 美人たちの悩みは理解されにくい… »